Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


プロのコーチ

コーチをつけるとき、
どんなコーチを選んだらよいかという質問を受けることがよくあります。
いくつかの条件が考えられますが、
まず第一に、コーチ自身がコーチをつけていること。
そしてもうひとつは、コーチとしての経験といえると思います。
ここで「経験」と言うのは、単に年数としての経験ではなく、
どのような人たちを対象にコーチをしてきたかということも、
実は大切なポイントです。

これまで多くのコーチに出会いました。
やはり、力のあるコーチは、コーチとしての経験が豊富です。
そして、さまざまなレベルの人たちに
コーチしてきたという実績をもっています。

コーチングは、その対象となるクライアントが
ビジネス上でどのような領域にあるかによって
およそ次の4つのレベルに分けることができます。

レベル1 パーソナル
レベル2 マネージャー
レベル3 ジュニアエグゼクティブ
レベル4 シニアエグゼクティブ

マネージャーに対するコーチングと、
シニアエグゼクティブに対するコーチングとでは、
コーチングの内容に違いがあります。
テーマや取り扱う内容が違うといったことはではなく、
実はコーチングのスタイルそのものがまったく異なるのです。
どのレベルのクライアントに対しても
同じスタイルでコーチングをしていては、
すべてのクライアントの成功に貢献できるわけではないということです。
どんなレベルのクライアントに対しても貢献できるようになるには、
さまざまなレベルのクライアントをコーチする経験を
積み重ねていくことが必要です。
そうして初めてコーチとしての成長があるわけです。

プロのコーチは、常にクライアントを持ち、
クライアントの成功に貢献しています。
また、それを通して、日々コーチとしての研鑽を積んでいます。
プロのコーチは、コーチングを極めようとしているのです。
学習を通して、そして、日々のコーチングを通して。

プロのコーチとして、何よりも大切なことは、
コーチ自身がコーチングから刺激を受け、
コーチングの価値を実体験としてもっていること。
そしてクライアントが本当に成果を生み出しているかということを含め、
自分のコーチングに対するフィードバックを
真摯に受け止めることだと思います。

今、私には、ローイング(ボート)の元オリンピックの強化選手を
コーチしていたコーチがついています。
長きにわたるスポーツコーチの経験を経て、
彼は現在、特にファイナンス関係のエグゼクティブを対象にコーチをしています。

彼は私によく言います。「君の金メダルを取ろう」。
彼と話していると、彼からコーチとして誇り、
そして、強いプロ意識を感じます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事