Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


100%味方になる

オリンピックも残すところあとわずかとなりました。
今年のオリンピックは、柔道、水泳、体操の男子団体、
女子マラソンなど、近年にない日本選手の活躍もあり、
私も何度か深夜までテレビに釘付けになっています。

今回のオリンピックで、日本選手の活躍や成績という興味以外で
最も人目を引いているのがアニマル浜口さん。
ご存知の通り女子レスリングの浜口京子さんのお父さんです。

アテネに出発するときの成田空港での派手なパフォーマンスをはじめ、
しばしばその人目かまわぬ大仰な応援振りが報道されています。
特に23日に行われた準々決勝の応援は
一段とパワーアップしているように見えました。
観覧席から身を乗り出し、絶叫するアニマル浜口さんを
会場の係員が下から制止している姿が
国際映像で繰り返し放映されていました。

「京子ー!」「気合だー!」

やりすぎ。父親のくせに出すぎだ。見ていられない。
というような声もききます。
一年生になる私の娘も、子どもながらにも恥ずかしいようで、
こんなお父さん嫌だと言っていました。

しかし、ここまで徹底的にやられると、
これはこれですごいことだなと思うのです。
自分がまわりからどう思われるかとか、
どう見られるかという気持ちを脇におかなければ
これだけの応援をすることはできないと思うのです。

「相手の100%味方になる」

これは、コーチングの基本原則のひとつです。

好き、嫌いは別として、
アニマル浜口さんの応援は「100%味方になる」ことを
まさに体現しているように思うのです。
絶叫はしないまでも、もしコーチがこのような迫力で
クライアントに対して応援の気持ちを伝えることができたら、
クライアントはそれだけで、
ゴールに向けて動き出すに違いありません。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事