Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


マッチさせる。そして似合う

ご存知のように、アメリカの経営者は、業種をまたいで就任します。

昨日まで、清涼飲料水の社長だった人が、
次の日にはコンピューター会社の社長になる。
コンサルタントが、家電メーカーの社長になる。

こうしてみると、社長には
社長として求められるコンピタンシーのあることがわかります。
在籍する会社における経験や業績によって決定されるわけではなく、
社長としての能力で、評価され、判断されます。

それは、マネージャーも同じです。
経験、業績と、マネジメントの能力はまた別のものです。

コーチの仕事の一つは、
社長やマネージャーのコンピタンシーを明らかにし、
その役割にいち早くマッチさせることにあります。

また、個々の特性を明確にし、
役割を身につけるプロセスを見つける、
つまり、オーダーメードで役割を身につけられるようにします。

たとえ、そこにコンピタンシーリストがあっても、
生身の人間が袖を通し、フィットさせることができなければ意味がありません。
最終的には、オーダーメードの役割を着て、それが似合う必要があります。

コーチングは、クライアントと共にリストを作り、
それを身につけたときの状態をビジュアライズし、
それによってもたらされるもの、失うかもしれないものを予測します。
また、身につけた後、その機能性について、振り返る時間ももちます。
最終的に、役割を装着自由な状態にして、
コーチングセッションは終わります。

通常、ひとつの役割、
たとえばマネージャーの役割をこなせるようになるのに
1年半以上かかると報告されています(ハーバード大学における調査)。

それを短縮させること。
また、役割をより自由にこなすことができるようにすること。

これらはコーチングのテーマとして、しばしば扱われるものです。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事