Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチは言葉のプロフェッショナル

今から8年前、アメリカのコーチ養成講座のテキストの翻訳に
携わったとき、圧倒されたものがあります。それは、
「コーチング用語辞典(人生をより豊かにするための言葉集)」
というものでした。

そこには、約350種類もの言葉の使い分けのリストがあり、例えば、

「達成vs.結果」

 達成は自分が生み出したことの結果。
 結果は単に行ったことの顛末。

「マネジメントするvs.コントロールする」

 マネジメントの対象は人の行動や資質です。
 コントロールの対象は相手そのものです。

というように、
似た言葉の使い分け方についての記述が、
59ページも続き、驚いたものです。

その年の12月にアメリカで行われた
コーチ養成のプログラムに参加したとき、
初めてプロのコーチと組んでコーチングを行う演習がありました。

彼女と組んだときも、その言葉づかいの適切さに関心しました。

「あなたは困っているというけど、
 それは、解決する方法を知らなくて、それを探しているのか、
 知っていてそれを実行することができないのか、どっち?」

日本に特有の「気持ちでなんとなく通じる」というのに妥協せず、
会話を通じて明確にさせる。
「コーチは言葉のプロフェッショナルなんだなぁ」
と実感したのを覚えています。

さて、アメリカでは、いまだにコーチとセラピストとの違いは何か、
という議論があります。
先月国際コーチ連盟から、
「コーチの仕事は、医療ではなくビジネスであることを
 理解してもらうために、次の言葉を使いましょう」
というガイドラインが発表されました。

1.コーチの仕事を説明するときは、次のような言い方をすること
  × コーチは、あなたを援助、サポートする
  ○ コーチは、自己成長を促すための行動プランを共に作り出す

2.コーチングの成果について
  × コーチングを受けると、充実した人生を送れるようになる
  ○ コーチングを受けることにより前進し実際に行動できるようになる

3.コーチが使う言葉と、セラピストが使う言葉の違いを意識する

 〔セラピスト〕

 表面化させる
 治療する
 直面
 調整する
 援助する
 分析する
 問題を解決

 〔コーチ〕

 集中する
 優先順位をつける
 リクエスト
 学ぶ
 完了する
 責任を持つ
 選択する
 可能性

コーチングについての理解を深めるために、
「使う言葉」という切り口を使うのは、
多言語のアメリカらしいところですが、
非常に具体的で、すぐにでも活用できるという面では、
とても参考になります。

コーチとして活動する上において、
言語化することは非常に重要なプロセスだと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事