Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


母と補聴器

私には今年で82歳になる母親がいます。
いまだに日本舞踊を教え、習字を習い、
毎月のように温泉旅行に出かけて行きます。
その矍鑠(かくしゃく)とした姿はうれしい限りなのですが、
さすがに老いには勝てず、この数年で耳が遠くなりました。
特にこの1,2年は顕著で、最近では耳元で大きな声で話さないと
確実には伝わらないという状態になってきています。

ところが、本人は、
「大丈夫。聞こえは悪くなってはいるけど、
 言っていることはわかるから」
と言うのです。
ときどき取り違えて聞いていることがあるのですが、
気丈な母はそれをなかなか認めません。
しかし、家族が感じているのですから、
踊りを教えているときも、友達との間でも、
多少のすれ違いが起こっていることは想像に難くないわけです。

補聴器をつけるという提案を母はしぶしぶ受け入れました。
「試してみて、よかったらつける」ということになり、
この連休中に補聴器を扱っているお店を回わることになりました。

最初に行った補聴器専門店。
対応してくれたスタッフは、ご自身も難聴で補聴器をつけています。
「耳の聞こえない人の気持ちはよくわかるんです」
という言葉から始まった説明は、さすがに説得力がありました。
検査の結果で母の聴力は、実際の音声の40%程度しか聞こえておらず、
聞こえていない部分は想像で補っていることがわかりました。
そのスタッフは
「おかあさん、本当は聞こえていないんですよ。
 想像で補って聞こえたつもりにしてしまう癖がついているんです。
 だからときどき取り違えてしまうんです」

隣で聞いていた私は心の中で思わず拍手喝さいです。
そのとおり。よくぞ代わりに言ってくれました。
これできっと母も補聴器をつける決断をするだろう。
説明は続きます。

「この補聴器をつければ、
 音そのものが80%ぐらいまで聞こえるようになりますから、
 音そのものを聞くようにがんばってください。」

その説明を聞いた母は、強い調子で言い返しました。

「私は、いつも聞くように頑張ってます。」

思わず、横に座っている母の顔を見ると、うっすら涙を浮かべています。
すべての説明が終わって店から出た母は言いました。

「この店では買わない、もうこの店にはこないからね」

次の日に行ったのも補聴器の専門店でした。
スタッフは30歳前後の男性でした。
補聴器はつけていません。
前日のお店と同じような検査をし、出た結果も同じでした。
そのスタッフは結果のシートを前にして
事務的な調子で数値の解説をすませたあと、母にこんな話をしたのです。

「とても81歳には見えませんね。
 しかも、現役で踊りを教えているなんてほんとに素晴らしいです。
 僕も桜井さんのように歳をとりたいな。
 この補聴器をつけると80%ぐらいまで
 実際の音が聞こえるようになります。
 でも、会話が聞き取れるようになる人とならない人がいるんです。
 会話の必要性がない人はなかなか聞き取れるようになりません。
 その点、桜井さんは今でも踊りを教えたり
 お習字を習いに行ったりしていますから、
 必ず会話が聞き取れるようになりますよ。」

母は、このお店で補聴器を買うことに決めました。

一方では、良かれと思ってした激励が母のレセプターを閉じさせ、
一方では、さりげない承認とフューチャーペーシングが
母のレセプターを開きました。
どちらのお店の説明もそれは確かに正論です。
しかし、人は正論だけでは動きません。
まずは、相手のレセプターを開くことが何よりも大切なのだと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事