Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


約束するということ

私は、28歳のときに中学校の教員を辞め、
コミュニケーションに関する研修を行う会社に転職しました。

入社して初めて、大きな研修を一人で担当することになったときのことです。
その研修の初日には、「約束」と「目標」が
大きなテーマとして扱われることになっていました。

「約束とは何か?」 「目標とは何か?」

約束しても破られることがある。
目標を決めても達成しないことがある。

レクチャーの原稿を書こうとして机に向かったものの、
それまでわかったつもりでいたのに、
いざ書こうとしてもまったく筆が進みません。
考えれば考えるほど混乱していきます。

私は、考えあぐねた末に、私のファシリテーションの先生でもあった上司に相談しました。

「約束するとはどういうことなんでしょう。
目標とはどのように違うのですか?」

「単に頭でわかりたいの? それともその違いを体験的に知りたいの?」

「もちろん、体験的に知りたいです」

すると、上司は言いました。

「だったら、今、この場で僕と約束しよう」

今日から1週間以内に3件の研修の契約を取るという約束をする。
約束が守られなければ、今回の研修講師は降りる。

「そんな約束はできません。
1週間以内に3件の契約をとるなんて、できるかどうか、わかりません」

「ほら、目標と約束はぜんぜん違うものだろう。理解した?」

「なるほど、、、。そうですね。よくわかりました。
ありがとうございました」

私は、少しほっとしてその場を立ち去ろうとしました。

「ところで桜井くん、約束を体験したいんだろう? 
今の約束、僕としようよ」

「え? そんな約束は無理です」

「約束には二種類あるんだ。自分との約束と人との約束。
自分との約束を守れるようになると人生で多くのことが実現する。
でも、自分との約束を守るのはなかなか難しいから、
最初は人との約束から始めるんだよ。僕と約束しよう。」

「約束して、できなかったらどうするんですか?」

「それは最初から約束じゃなかっていうことだね。約束は果たすものだよ」

「簡単にハイとはいえません。少し考えさせてください」

そして1時間後、私は決断し、上司と約束をしました。
そして1週間後、私は約束を果たしました。

その1週間は、とても気分がよかったことを、
今でも鮮明に覚えています。
もちろん、ときどき不安がよぎるのですが、
その度ごとに、もう一度自分の中で約束をしなおすのです。

そのときに感じるのは、プレッシャーではなく、
約束を果たしたときの気持ちのよさや晴れやかさ。
それは約束をしたその瞬間に、
自分の内側に起こるものだということを知りました。

その1週間は、私の「約束」に対する捉え方を変えました。

約束は、それがどんなに小さな約束であったとしても、
人生を豊かにするのだと思います。

今日、誰かに約束をしてみませんか?

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事