Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


優れたコーチは日夜それを考える

1ヶ月ほど前から、週に2回、
自宅のそばの区営プールで泳いでいます。
目的はダイエット。
ビールを飲む代わりに、夜の8時ごろから1時間ほど、
泳ぎに行くことにしたのです。

とはいうものの、最初は出かけていくのが億劫で、
重い腰をあげるのにかなりの「努力」が必要でした。
ところが最近では、「泳ぎに行きたい」と思うようになっているのです。
それにはいくつかの要因があります。

体重が少しずつ減っている。
泳いだ次の日の朝は、確実に何グラムかは減っています。
この1ヶ月で2Kgほど体重が落ちました。

少しずつ長く、楽に泳げるようになっている。
泳ぎ始めたときは、25mプールを往復するだけで、ぜーぜーはーはー、
一呼吸置かなければならないような状態でした。
それが、少しずつ距離が伸び、楽に泳げるようになってきています。

なおかつ、泳ぎ終わったあとのちょっとハイな爽快感は、
ビールを飲むよりも魅力的。

こうなってくると、
「今日も泳ぎたい!」という気持ちになってくるわけなのです。

以前、NHKの特集番組でプロ野球の「王選手」について
取り上げている番組を見たことがあります。
一本足打法で有名な王選手。
真剣での素振りで畳が磨り減った、などの逸話が物語るように、
王選手といえば「努力、精進」というイメージが強いのですが、
どうも最初からそうではなかったらしい。

ピッチャーからバッターに転向した王選手は、
バッティングフォームに独特の癖があって、
いくら練習をしても、結果につながらず、
だんだんと練習嫌いになっていったというのです。
そのころの王選手についたあだ名は「なまけもの」。

その後、荒川コーチの指導のもとで、
バッティングフォームの改良を重ねていくことになります。
少しずつ一本足打法に近づいていくのですが、その過程を王選手は

「練習すると、それだけ打てるようになる、結果が出る。
 だからまた練習したくなるんです」

と話していました。

私たちは相手に対して、ついつい努力や頑張りを強いてしまいがちです。

目の前にいる相手が
どうやったら最初の小さな成功を収めることが出来るのか?
優れたコーチは日夜それを考えているのだと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事