Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチング・カンバセーション

私には、Kさんというコーチがいます。
コーチングのテーマは「マネジメント」。

上司、部下、同僚からもらった360度フィードバックを元に、
マネジメントスキルを高めるためのコーチングを受けています。

Kさんは、数多くのコーチングを行っているプロのコーチです。
私自身もプロのコーチです。
ですから、彼女とのコーチングセッションは
お互いに「コーチングの実験の場」と捉え、
クライアントの私は、
Kさんのコーチングそのものについても
フィードバックしながら進めています。

「今の質問は、はずした。違う質問はない?」
「今の質問は趣旨はヒットしたけど、言い方が違う。
違う聞き方をしてくれる?」

などと言いながら、コーチングを受けています。

このように自由にものを言わせてくれるのが、
Kさんの素晴らしいところ。

Kさん「ええー、違った? じゃあ、次は何をしますか?」


私 「うーん、話したいのは次に何をするかではなくて、
  私がどうしてそれを必要だと思うかの理由なのよね・・・。
  で、理由は・・・」

というように、ああだこうだといろんな方向に話が飛びながら会話を続けると、
頭で 考えていることや、心で思っていることが整理され、
腑に落ちたり、答えが見えてくることがあり、
このコーチングの形態は、私にはすごくマッチしています。

最近、コーチングを初めて受ける方の
コーチをする機会が増えています。
セッションを始めて間もない頃に、
話していてちょっとチグハグな感じがすることがあります。

「Mさん、私が質問する人、Mさんは答える人、と思っていないですか? 
 コーチングは質疑応答ではなく、自由な会話のやりとり、なんです。
 あなたも話すし、私も話す。それをイメージして進めましょうよ」。

「ほう、そうなんですかー。
 ちょっとコーチングのイメージが変わりましたね」

その会話の後、Mさんの声は明るくなり、
お互いに少し体温が上がるようなワクワク感が生まれました。

コーチングで大切なのは「効果的な質問をすること」
という考え方が浸透するにつれ、
「コーチは質問する人、クライアントは答える人」の構造が
無意識にできていると感じることがあります。

実際のところ、コーチングを始めたばかりの方から、

「クライアントにどんな質問をしたらいいんだろう、
と考えてしまうと、つまってしまいます」。

という話を聞くことがあります。

また、コーチとクライアントの会話の割合について聞くと

「クライアント9割、コーチ1割でなければならない」

と思っているコーチもいます。

私がコーチのKさんと自由に会話が続けられるのと同じように、
私がクライアントと、
一方通行ではない、単なるおしゃべりでもない、双方向の会話、
「コーチング・カンバセーション」を
いかに続けられるかが、目下の課題です。

*カンバセーション(会話・対話)の語源
 live with , keep company with
 (一緒に生きる、ともにいる)

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事