Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


最高のものを提供する

今年も、日本コーチ協会主催のコーチング大会*が11月5日と迫ってきました。

この時期には、毎年デービッド・ゴールドスミス氏がやってきます。
デービッドは、コーチ・トゥエンティワンが、
1997年に最初にコーチングのセミナーを行ったときのコーチであり、
ファシリテイターです。

コーチングという言葉すら聞いたことのない100人の日本人たちを前に、
最初のセミナーを行うことが未知のことで、
よほど怖かったらしく、
奥さんを同伴して(彼女はコーチではないのですが)来日。

セミナー中、彼女はずっと部屋の後ろでにこやかに笑みを送っていました。
そのおかげで、セミナーはうまくいったと後でのろけて教えてくれました。

そのセミナーの時のことですが、テキストとして、
当時提携先のコーチユニバーシティの「コーチングスキルブック」を
急遽翻訳して使いました。

「コーチングスキルブック」は、約100ものコーチングスキルを図解し、
定義、使い方の事例、失敗例などを紹介したものなのですが、
その中に、「MSU」という実に奇妙なスキルが紹介されていました。

「MSU」とは「Make Stuff Up」の略。
つまり「でっちあげ」という意味だったのです。

これは、テキストを作ったトマス・レナード氏
(コーチユニバーシティの創設者)独特のユーモアのセンスによるもので、
「コーチは時には口からでまかせで言うことも機能する」というものでした。

しかし、よりによって、セミナー中に

「何か質問がありますか?」

とデービッドが聞いた時、すっと手が挙がり、

「このMSUって何ですか?」

と、大真面目に質問した人がいました。

そのときのデービッドの顔が忘れられません。

まるで何事もなかったようなポーカーフェースで

「ふーむ。これはなんでしょう? たいしたことではないから、忘れてください」

としれっと言ったのです。


後で私も聞いたら

「本当に遊びの言葉なので、深入りしても意味がないから先に進めた」

と言いました。無駄なことはしないのだということが伝わってきました。

デービッドが、プログラムを提供するときのスタンスはいつも決まっています。
それは必ず、「状況をエヴァリュエーションする」ということです。
 
休憩時間になると必ず、

「今のはどうだったか」、
「分かりやすいか」、
「来ている人が欲しいものを提供できているか」、
「何か他に提供したほうがいいものはあるか」

と実にニュートラルに聞いてきます。

ですから、こちらも「いいえ、よかったですよ」などの
おためごかしを言う必要がなく、
「ここが分かりにくかったから、次はこれを伝えてほしい」とか、
リクエストがしやすいのです。
 
彼はこちらが伝えることを受け入れ、随時軌道修正していきます。

そこには、「私のやり方はこれだ」というようなエゴも頑なさもなく、
最高のものを提供するために、また相手が成果を手にいれるために、
今自分に何ができるか、
というところに常にアクセスしているように感じられます。

このニュートラルさが、コーチとして、
そして、仕事をする上においても、
実に重要なファクターであることを最近実感しています。
そんなときには、例のポーカーフェースを思い出し、
私も周りの人からエヴァリュエーションを聞くようにしています。

今回の来日にあわせて、デービッドが
「日本のコーチに僕ができることはないか?」と聞いてきました。

そこで、11月3日(祭)に合わせ、
1日の集中トレーニング*を開催することになりました。
コーチとして勉強している人も、コーチングをこれから学びたい人も
一緒に参加できる1日となります。

「今日はいつになく非常にクリエイティブ。このプログラム構成どう?」と、
ニュートラルな彼には珍しく、エキサイトしたメールが先日来ました。

また、彼から新たなものを学ぶ予感がしています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事