Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


反応するのではなく、考える時間をもつ

11月5日(土)に日本コーチ協会の第7回年次大会
「Coaching 2005」が開催されました。

400人の参加者が集まり非常に熱気溢れる大会となりました。

この大会に合わせて、アメリカのトップコーチの一人、
デービッド・ゴールドスミス氏が来日しました。

大会前のある日私たちはテーブルに並んで座り、
二人で打ち合わせをしていました。

その時、デービッドから以前にもらったメールを確認したくて
私がパソコンを開けると、彼はふとその画面を覗き込み、
呆れたように言いました。

「何? 君の受信ボックスには、6400通も入ってるの?!!」
(You've got 6400 emails in your inbox?!!)

その顔には、
「それでよく仕事しているね。君はコーチなの?」
という台詞が書いてあるかのようでした。

私は慌ててこう言いました。
「もうね、メールの取り扱いにはほとほと困ってる。
  デービッドはどうしてるの?」

誇らしげに彼は自分の受信ボックスを見せて言いました。
「ほら、今日は多い方で15通かな」

そして、私の横にグイっと近づき、
私のパソコンの画面を指しながら、
次々と教えてくれました。

「まず『10月1日以前』というボックスを作って
そこに古いメールを移動させよう」

「あ、たくさんのメールニュースを取ってるんだね。
それは、『後で読む(Read and Review)』
というボックスを作ってそこに移動」

「返事を書いたり、後でじっくり考えたりする必要のあるメールは、
この場でタスクに変えること。
僕はOutlookと連動させ、
『このメールの返事はこの日時に書くこと』
とスケジュールに入れるんだ」
と慣れた手つきで彼のパソコン上で見せてくれました。

私は正直なところ、膨大なメールに振り回されている毎日なので、
スケジュールとうまく連動させるやり方は
まるでマジックを見ているようでした。

彼はこう続けました。

「コーチは、このようにインテリジェント・ツールを
うまく使えるようなヒントも持っているべきだね。
多くのCEOやビジネスエクゼクティブは、
たいてい大量のメールを受け取り、それに振り回されている。

メールとうまく付き合うには、
まずなによりも『自動受信』をやめること。
入ってくるメールにリアルタイムに対応するのは愚か者がすること。

仕事をしているような気になっても、
実は反応してるだけで何も生み出していない。
僕たちは戦略を立てたり、考えたりする時間が必要なんだ。

僕の場合は朝1時間、夜1時間メール対応をしてるだけ。
後は将来について熟考するために時間をとる。

向こうからやってくる相手にただ反応しているだけでは、
何も新しいことやワクワクするものは生み出せないでしょう?」

私が日々感じている焦燥感は、
この「相手に反応していること」によるものだというのが
実感として腑に落ちました。

その直後、私はメーラーの自動受信を解除しました。
それだけで、頭が静かになるのを感じます。

「エクゼクティブは将来のこと、戦略のために時間を使うべき。
コーチはそれができるよう環境のセットアップのコーチングも必要だね」
とデービッド。

たった5分間のやりとりでしたが、その日以降、
私の1日の中に考える時間が圧倒的に増えました。

コーチング・モーメント(コーチが起こる瞬間)は、
デービッドが来日するたびに起こり、
毎回成果の軌跡を残してくれます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事