Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


私とコーチ

私は、1996年からずっとコーチをつけています。
もちろん今も、コーチがついています。
今の私のコーチは、カナダ、トロント在住のダグ・クラーク氏です。
年齢は70歳過ぎ。
もともとはボートのコーチで、
オリンピックの強化選手や大学の選抜選手をトレーニングしていました。
現在は、トロントの銀行や金融に関する企業のエグゼクティブを中心に
コーチをしています。

私は彼にコーチングを受け始めて、今年で3年めになります。
しかし、3年経った今でも私たちのコーチングのテーマは、
常にヴィジョンメーキングに戻ります。

「伊藤、3年後、5年後についてヴィジョンをもて。
 最初はそれがはっきりしなくても、自分の心に一枚の絵をもつんだ」

そのためにたくさんの宿題も出ます。

彼からの宿題の量は半端ではなく、
とても1週間でやりきれるようなものではありません。

それに、どの質問も考え始めると時間がかかります。
結局これまでは、それを億劫に思い、どこかに放り投げてきたのだと思います。

ヴィジョンを創るためには、
ずいぶんと時間や労力が必要だと感じました。

もしかしたら今の若者たちは、
ヴィジョンをもつために充分な時間を取っていない、
あるいは、それをリードするコーチに代わる人が、
いないのかもしれません。

ところで、私は宿題をやらないまま、
コーチングセッションに入ることも、ときどきありました。

コーチングで大切なのは
コーチングセッションだけではなく、
セッションの間で取り組む宿題やアセスメント、課題図書を読むこと、
また、セッションの内容を実践してみる時間なのだと思います。

コーチングセッションから新しい視点や気づきを得るためにも、
セッション間の取り組みはとても大事だと思います。
日々のルーチン化した生活に、学習の時間を組み込むことが、
違いを創り出す源になります。

さて、ダグは3年経った今でも、

「3年後のヴィジョンを話そう」

と言います。

もちろん現状の棚卸もします。
しかし、すぐにヴィジョンのほうに話がいきます。

あるとき、私は彼に聞きました。

「ヴィジョンは、もう何回もつくったと思うんだけど」

「そうだね」

「それでもまたつくるの?」

「そうだ。なぜなら、3年後のヴィジョンをつくって1週間経ったら、
 そのヴィジョンは、2年と11ヶ月3週間後のヴィジョンになってしまう。
 だからつくり直さないといけない。
 それに、ヴィジョンをもっとくっきりはっきりさせるんだ。
 そして、そのヴィジョンをベースにして、そのヴィジョンを実現させたら、
 次に何をするか、そして、そのヴィジョンを実現させたら、
 いったい何が手に入るのか。それについても話したい」

「それはどうして?」

「オリンピックで金メダルをとった選手に、そうしてきた。
 彼らの中でヴィジョンがはっきりし、
 本当に手にしたいものがハッキリすると、
 彼らは自分から動き出し、
 そして、金メダルを取って当然というところへ行く。
 また、そうした選手だけが金メダルをとった。」

「そうなんだ」

「伊藤、君も金メダルをとれ。」

「え、金メダル?」

「そうだ!」
 
その瞬間、ヴィジョンはくっきりはっきり、明るく見えました。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事