Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


あなたはコーチをつけている?

 コーチとしてたくさんの海外のコーチと
 知り合う機会がありますが、
 その中で特に印象的な人は、
 国際コーチ連盟(ICF)2007年度の
 理事長として内定したケイ・キャノン氏です。

 自称「アナライザー」というだけあって、
 トツトツとしたしゃべりで、内容は理路整然。
 
 曲がったことが大嫌いで、多くを語らず、
 ICFの理事会のミーティングのときでもずっと黙っていて、
 最後の15分で初めて話すような人です。


 先日「ゲストコーチシリーズ」
 (海外からコーチを招いて行う電話会議のプログラム)
 の打ち合わせのために話したとき、
 私はふとケイに聞きました。


 「コーチを選ぶときには何に気をつけたらいいの?」

 「よいコーチの条件とは何?」


 そのとき、いつもは抑え気味のトーンがぐんと上がり、
 電話の向こうから凛とした声が響いてきました。


 「コーチの中には、自称コーチと有能なコーチがいる。
 コーチに出会ったらまず、こう聞いてほしい。

 『あなたにはコーチがついてる?』って。

 もしついていないとしたら、
 その時点でコーチとして失格ね」


 そして、有能なコーチの条件についてこう語りました。

 有能なコーチとは・・・

  ・相手の学習を促進する人
  ・自らが学び続けている人
  ・コーチングに特化したトレーニングをきちんと受けたことがある人
  ・コーチングに活かせる学習ができるような団体に所属してる人
  ・メンターコーチをつけている人

  とくにメンターコーチについて話が及んだときに熱が入りました。


 「メンターコーチとは、いわゆる『コーチの先輩』。
 自分のコーチングのアプローチが正しいかどうかを
 確認できる相手がいることが重要なの。

 そうでないと、
 自分の解釈だけでコーチングを進めてしまう。

 時には(もちろんクライアントの許可を得た上で)
 私のコーチングの内容を聞いてもらい、
 フィードバックを受ける機会も取っているわ。

 メンターコーチって、
 『この人から何か学べるな』
 と思う人であることが大切ね。

 コーチのモデルとなる人」


 そう語るケイの力強さに圧倒されました。
 そこにはコーチという比較的新しい職業の
 質と評判を高く維持してきた自信と、
 今後も守り続けるという決めの強さが伝わってきました。

 彼女がICFで中心的な立場にたっていることが
 改めてくっきり見えた瞬間でした。

 そういうケイ自身、
 多くのコーチのメンターとして活躍しています。


 「あなたにはコーチがついていますか?」

 「そのコーチから何を学んでいますか?」

 
 コーチ同士だけでなく、
 クライアントとコーチの間でも
 この質問が常に会話にのぼることが大事なのだと実感しています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事