Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


期待と現実

 上司に対して部下はどう思っているのか。
 どんなリクエストがあるのか。
 コーチング研修で事前にアンケートをとってもらうことがあります。

 そのアンケートを受け取った瞬間の上司のみなさんの表情は、なんとも様々です。

 「おお、結構いいじゃん!」満面の笑みを浮かべて喜ぶ方。
 「誰だよこれ書いたの!」いきなり犯人探しをされる方。
 「。。。」暗くうつむいてしまう方。

 どちらかといえば、あまりハッピーではない方が多いでしょうか。

 いずれにしても、上司はその瞬間知るわけです。
 部下が自分に対してどんな「期待」を抱いているのかを。

 ご存知のように、人に対する信頼は、その人に向けた「期待」と、
 実際にその人が起こす「現実」とのバランスによって上がり下がりします。

 「期待」=「現実」であれば、信頼は醸成され、
 「期待」>「現実」であれば、信頼は下がり、
 「期待」<「現実」となれば、信頼はぐっと高まります。

 一ついえるのは、
 「うまくいっている上司」は、「部下の自分に対する期待」が
 「自分が部下に見せている現実」と沿っているかどうかを
 強く意識しているということです。
 「部下は何を期待しているんだろう?」「どんな言葉をかけてほしいんだろう?」と。

 一方、「うまくいっていない上司」は、
 「自分が部下に対してもっている期待」が「部下が自分に見せている現実」と
 イコールになるかどうかばかりに気を取られています。
 「部下は思った通りに動いているのか?」「なんで動かないんだ?」

 だからアンケートを見て愕然とするわけです。
 「そんな風に思っていたのか。。」

 コーチングをさせていただいている、あるメーカーの執行役員の方が言いました。
 史上最年少で執行役員になった方で、部下の「期待」を察することに
 とても優れています。

 「僕は部長達に口を酸っぱくして言ってるんですよ。

 『君達は営業が優秀だから部長になった。営業と部下の育成は全く同じだ。
 優秀な営業マンは、お客様のニーズを見つけるのがうまい。
 そして、そのニーズに合った提案ができる。
 同じように、優秀な上司は部下一人ひとりのニーズをまず見つけ出す。
 部下がどうして欲しいのかということをまず知ろうとする。
 指示をするのはそれからだ。』

 ってね。」

 「でも、鈴木さん、本当に優秀な上司はニーズに答えるだけじゃないんだよ。
  何をするか知ってる?」

 突然の質問に、
  「ん~、何でしょう??」。答えが浮かびませんでした。

 「ダメだよ、コーチングの先生なんだから、答えられなきゃ(笑)。
  本当に優秀な上司はさ、小さなサプライズを部下に起こすんだな。」

 「小さなサプライズ?」

 「そう、部下の予測よりもちょっと上回ることをしてあげる。
  日報にちょっと多目にコメントを書いて返すとか。
  ちょっと高い寿司屋に連れて行って自腹でおごってやるとか。
  こっちが正直に謝るとか。
  サプライズは部下の中に残るからね。お説教はあんまり残らないけど(笑)。」

 人の「期待」を掴み、それを上回る「現実」を提示して小さなサプライズを起こす。
  人心掌握の基本なのかもしれません。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事