Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


ほめるとねぎらう

 先日講演に行った帰り道、同行したアシスタントから突然切り出されました。

 「鈴木さんは、まったく私のことをほめてくれない。」

 軽い晴天の霹靂でした。 正直、何を言われているのかわかりませんでした。

 「ほめてない? うそ? ほめてるでしょ?」

 「いいえ、全然ほめてません。」

 「だって、メールは最優先で返信してるし、
 しょっちゅう"ありがとう"ってねぎらいの言葉もかけてるでしょ。」

 「確かに"ありがとう"とは言ってくれますけど、ほめてはくれません。
 ほめられないから、何が良くて何が悪いのかちっともわからない。
 『ほめる技術』の著者とは思えませんね。」

 あまりにもストレートなフィードバックに、後頭部を殴られたような想いでした。

 そう言われてみると、確かに「ねぎらい」はいっぱいしていますが、
 「ほめる」ことはあまりしていません。
  彼女からすると、すべての自分の行為に同じ「ねぎらい」がくるので、
 どの行為が良くて、どの行為が改善すべきかの区別がつかないというわけです。
 それでは、自分が成長している実感が持てないではないか、と。

 彼女はさらに続けました。

 「鈴木さんはきっと基準が高いんですね。基準に満たないものはほめない。
 でも、承認は必要だと思っているから、
 基準以下のものにはすべて"ありがとう"を伝える。
 それだと基準に到達しない限り、どこを認められていて、
 どこを認められていないのかわかりませんよね。」

 「なるほど。。」

 頭の半分は相変わらずショックで、ぼ~っとしているのですが、
 残りの半分は冷静に彼女の話を追っていて、思わず納得してしまいました。

 研修では日々伝えているわけです。
 「ほめるというのは、前進への促しです」と。

 ほめるという行為を通して、相手に今現在の立ち位置を確認させることができる。
 今動いている方向にそのまま進めばいいのか、それとも軌道修正すべきなのか。
 つまり、ほめるというのは、育成される側の人の行動に
 「GO」か「CHANGE」かのマークをつける営みでもあると。

 そして、それは自分では当然できていることだと思っていたのですが、
 どうも自分の基準に到達しない行動は、「粗く」見ていたようです。

 おそらく、彼女にこのことを言われていなければ、
 その自分のパターンにはなかなか気づけなかったでしょう。
 上司である自分にストレートにものを言うのは、きっとリスクがあったと思います。
 それを押して伝えてくれた彼女には、とても感謝しています。

 余談ですが、
 彼女と別れ一人電車に乗ったとき、昔大学の友人から聞いた話が
 なぜか、ふと頭をよぎりました。

 友人曰く、
 「この前さ、彼女に振られたんだよ。で、そんときにさ、
  彼女が『あなたはいつもニコニコしていてわからない』って。一体なんなんだよな!」

 どうも、今も昔もメリハリのきかない男はだめなようです。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事