Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コミュニケーションの価値

 「いかに人を動かすか」というのは、
 古来から人間にとって大きなテーマです。
 そして、誰しも、そのためにはコミュニケーションが必要だ
 ということを知っています。

 それにも関わらず、これまで多くの場合、
 人を動かすためのコミュニケーションとは、
 指示命令型で一方通行なコミュニケーションがほとんどでした。

 これは、ひとつには、
 私たちのコミュニケーションに対する誤解から生じているのだと思います。

 コミュニケーションに対して、多くの人は次のように認識しています。

 □ コミュニケーションは空気のようなもので、すでにわかりきっている
 □ 組織において、コミュニケーションはソフトな問題で、優先順位が低い
 □ コミュニケーションは個人の問題であり、組織の問題ではない
 □ コミュニケーションと生産性は特に関係はない
 □ コミュニケーションは組織のスピードを遅くする
 □ コミュニケーションは組織を混乱させる。また、ときに、浪費を生じさせる
 □ コミュニケーションよりは、規則、予測、費用対効果、効率、
   ハイパフォーマンス、モチベーション、確実な収益、投資の回収、
   プラン、役割、経験、スキル、リーダーシップ、これらが優先する

 コミュニケーションのもつ本当の価値に多くの人は気づいていません。
 価値を見出していないにも関わらず、
 毎日の生活はコミュニケーションなしには成り立たないという矛盾の中で、
 私たちは仕事をし、生活をしているのです。

 コミュニケーションの価値を理解していない二人が
 コミュニケーションを交わしても、なかなか実を結びません。

 しかし、コミュニケーションがどんな価値をもたらすかを理解した二人が
 コミュニケーションを交わせば、それは本当に創造的なものになります。

 コミュニケーションとはこういうものだ、こういうルールがある、
 といった定義は、いまだ、実ははっきりしているわけではありません。

 しかし、コミュニケーションを交わす二人の間で、
 最低いくつかのルールが守られているだけで、
 そのコミュニケーションは飛躍的に変わります。

 たとえば、コミュニケーションのルールとは次のようなものです。

 ○ 相手が話しているときには、口を挟まない
 ○ 相手の言っていることを理解する
    それは相手の言っていることが正しいと認めることとは違う
 ○ 自分の考えを相手に理解してもらう、
    不安なときには、その瞬間に自分から相手に確認する
 ○ 自分の考え(My View)と相手の考え(Your View)があり、
    それは一致していなくてもかまわない
 ○ 相手の考えが自分にはどう伝わっているかを相手に伝える
   自分の考えが相手にはどう伝わっているかを聞く

 すなわち、コミュニケーションとは、
 K-1やプライドのような格闘技だと思っている人と
 コミュニケーションは交わせない、ということです。

 もし、このようなルールを理解していない相手と
 コミュニケーションをとる必要が生じた場合には、
 まず、コミュニケーションについてお互いにどう思っているか、
 そのことについて話す時間をとることです。

 そのときも、相手にルールを押し付けるのではなく、
 お互いの間でのコミュニケーションによって、
 何が生み出されるかについて話すのです。


 アメリカの心理学者であるハーレーン・アンダーソン氏は、
 コミュニケーションについて、次のように語っています。

 「ダイアローグ(対話)を通じて、あるいは、そのなかで、
  意味や理解が持続的に、解釈、再解釈、明確化、改定されている。
  意味や理解に新しいものが生じたときには、
  思考、感情、気もち、行動などが新しく生まれる可能性がある。
  言い換えれば、変化することとは、ダイアローグの中での遺産なのである。
  ほんとうのダイアローグとは、創造以外の何物でもない」

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事