Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


成功するコーチの条件

 先日、アメリカで、
 コーチが集まる少数精鋭の会合に参加してきました。

 この会合の目的は、コーチングを導入する企業と
 そのコーチが、事例について発表すること。

 NASAやロッキードといった大手組織が
 参加していたのですが、もはやアメリカでは、
 経営を担うシニアエグゼクティブにコーチをつけることは、
 組織の経営戦略に不可欠だ、ということが伝わってきました。

 企業買収などによる経営統合に伴い、
 経営陣には、企業文化の異なる社員をまとめることが求められます。
 その重要なタスクを執行する上で、コーチの存在が欠かせない、
 ということが、背景としてあるようです。

 このような会合では、スピーカーの名前が開催前に紹介されます。
 せっかく日本から参加するわけですから、
 ただ行って話を聞いてくるだけでは、チャンスを半分も
 活かしていないようなものと、私たちは毎回、スピーカーの中から、
 ネットワークをもちたい人を選び、事前にメールで連絡をとります。

 「ぜひ会って、コラボレーションできないか話をする時間が欲しい」。
 すると、たいていの場合は、心よくそのリクエストに応じてくれます。
 
 今回も、数人のトップエグゼクティブ・コーチや、
 リサーチを専門とする人などにアポイントをとって会いました。
 
 彼らと会って感心するのは、
 自らは自分自身をPRするツールをきちんと揃えていること。
 そして、どんどん、他の人を紹介してくれることです。

 今回も、エグゼクティブ・コーチを専門とする
 デービッドとランチをしました。

 彼は登場するなり「私のマーケティング資料です」と言いながら、
 ハードカバーの著作本1冊、紙フォルダに入ったプロフィール、
 雑誌に投稿した記事の別刷りを数種類、渡してくれました。

 それを手渡された瞬間、その人から
 「私について知りたければ、これを見てください」
 という自信が伝わってきました。

 このように、成功している人たちは、
 自分のリソースを人に提供することを惜しみません。

 同じ会合で会った、リサーチャーのテリーサは、
 リサーチ会社のCEOを務めると同時に、
 大学のビジネススクールでも教鞭をとっています。

 「コーチングに関するリサーチに関しては
 私のウェブサイトを見て、自由に使って」と、
 これもまさに「ギブ・アウェイ(あげ放題)」の精神です。

 今回の主催者のスーザンは、
 私たちの関心がどこにあるかを知ると、すぐに
 ネットワークをもつと良さそうな人を次から次に紹介してくれました。

 コーチは、「人をうまくいかせる」ことを仕事としています。
 
 彼らに会っていると、コーチ本人が成功していて、
 余裕をもって日々過ごしていることが伝わってきます。

 実績があり、自信があり、それを伝える仕組みをもっていて、
 なんでも惜しみなく提供する。

 アメリカ流成功コーチのモデルを、身近に見た3日間でした。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事