Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


もしも社内にコーチがいたら

 もし、あなたの会社に社内コーチがいたら
 どのようなビジネスインパクトを生み出すと思いますか?

 社内コーチとは、
 社内にいて必要に応じていつでもコーチングを行う人です。

 たとえば、
 ・営業に出る前に、どのように話すか、何がポイントなのかを
  はっきりさせる
 ・目標面談を行う前に、話のポイントは何か、部下のタイプは何か、
  落としどころは何かについてはっきりさせる
 ・たくさん抱えてしまった仕事を整理する 
 などなど、、、

 実際に、社内コーチの存在は、風土改革はもとより、
 売上げの向上、利益率アップ、離職率の低下など、
 さまざまなビジネスインパクトを生み出しています。

 都内で整体マッサージをチェーン展開している企業が
 社内コーチを取り入れました。
 その店長・Aさんの事例をご紹介します。

 Aさんは、10名の部下をもつプレイングマネジャー。
 もちろん、個人の売上げはダントツ。
 その実績をかわれて店長に抜擢され、約1年が経ちました。
 Aさんはこの4月から、店舗の売上げを上げることをテーマに
 社内コーチを受けています。

 社内コーチ :「お店の売上げを上げるためには何が必要だと思いますか?」
 Aさん    :「スタッフが、私と同じかそれ以上の売上げを上げることですね」
 社内コーチ :「それを実現させていくポイントは何ですか?」
 Aさん    :「スタッフにもっと自発的に動いてほしいんですよ。
         それがポイントだと思います」

 社内コーチ :「なるほど、なぜ自発的に動いてくれないんだろう?」
 Aさん    :「若い子たちは、やり方がわからないのかも知れません。
          やる気はあるんです。
          少し教えてあげると、ぜんぜん違いますから」
 社内コーチ :「ということは、Aさんがもう少し指導する時間を
          増やせばいいということですか?」
 Aさん    :「そういうことになりますね。今話していて、
          自分はお客さんを減らして、若い子を指導する時間を
          増やした方がいいのかなと思いました。
          もっともっと自分の売上げを伸ばさなければいけないと
          思っていたんですが、それよりも若い子を伸ばした方が
          いいに決まってますよね」

 社内コーチ :「そのために、Aさんに具体的にできることは何ですか?」
 Aさん    :「自分の指名はこれ以上増やさず
          部下を指導する時間を増やすことにします。
          それから、気になっている新人がいるので、
          今日のお昼に誘って話してみます」

 Aさんは、1週間に2~3回、朝5分間の社内コーチを受け続けています。
 2ヵ月後、2人のスタッフがAさんの売上げを上回りました。
 お店全体の売上げも約20%アップしています。

 もし、あなたの会社に社内コーチがいたら、
 どのようなビジネスインパクトをもたらすでしょうか?

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事