Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


指揮者、リーダーシップ、そしてコーチ

 7月30日に、ベンジャミン・ザンダー氏を招いての講演を開催しました。
 ボストン・フィルハーモニーの指揮者であるザンダー氏は、
 近年、リーダーシップについての講演をしています。

 彼がリーダーシップについての講演を始めたのは、
 数百人の経営者に対する講演を依頼されたことがきっかけでした。
 そのとき、彼は、自分は音楽が専門でビジネスとは無縁だから、
 話すことがないと一度は断ったのですが、
 「どうしても」ということで、結局その講演を引き受けました。

 ところが、彼の講演は思いのほか好評でした。
 彼は、何人もの経営者に、
 自分の会社に来て講演してほしいという依頼を受けたのです。

 それ以来、彼は、指揮者として、リーダーシップの講演者として、
 そして、コーチとして活躍するようになりました。
 マッキンゼー、フェデックスなど、いろいろな企業で講演をしています。

 彼は67歳で、とても快活です。
 3時間半の講演の間、スキップをし、
 声高らかに歌い、ピアノを弾き、カルテットをコーチします。

 彼は講演のなかで、音楽をふんだんに使います。
 それは、彼の言葉を裏づけていきます。

 ステージの上で演奏するカルテットをコーチし、
 その場で、音と表現を変えていきます。
 それは、単に音楽のコーチとしてトレーニングしているのではなく、
 カルテットのメンバー一人ひとりを、「可能性」のステージへと導く。
 つまり「正しく演奏しよう」、「間違わないように」、
 「誰かよりもうまく」、「悪い評価を受けないように」といった、
 不自由な世界からシフトして、「可能性」の世界へと連れて行くのです。

 一方が、「have to」「need」「must」だとすると、
 もう一方は、「want to 縲怩オてみたい」、
 または、「他にできること」というスタンスです。
 彼は、カルテットをその世界に移動させていきます。
 彼はそのことを、「可能性への物語を創る」、
 その入り口まで運ぶこと、といいます。

 そのためには、単に頭で理解するだけでは充分ではありません。
 彼は、からだの動き、表情、全部に働きかけます。
 それは、人のあり方そのものに働きかける、
 コーチ本来のあり方なのでしょう。

 今回のイベントには1300人の方々が参加しました。
 そのうち500人は、コーチ、または、
 コーチングを学んでいる人たちでした。
 
 コーチングについては、いろいろな説が出てきています。

 私は2年前に、彼の講演をきいたとき、
 ぜひ日本で、彼に直接コーチに話してもらいたいと思いました。
 
 なぜ今コーチングなのか?
 コーチングとは何か?
 そして、コーチとは?

 コーチそのものの彼に、話してもらいたいと思いました。

 そのメッセージは充分に伝わったように思います。
 音楽を通して、コーチングが実証されていくプロセスは、圧巻です。

 ところで今回、彼と対談の機会をもちました。
 その中での彼との会話で印象に残ったことがあります。

 私が「時差ぼけはありませんか?」と聞いたところ、
 彼は、自分に時差ぼけはないと言い切ります。
 そこで、「今日は何時に起きましたか?」と聞くと、
 「午前2時」と答えます。

 「それは立派な時差ぼけじゃないですか」

 「どうしてだ。その時間に目が覚めて、
  そこから仕事をしたり、音楽を聴いたり、
  とても素敵な時間を過ごした。どこが時差ぼけなんだ」

 「だって、普通は午前2時には起きないでしょう。
  僕が時差ぼけでつらいのは、
  午前2時に目が覚めてしまうことなんだ」

 すると、彼は言いました。

 「いや、午前2時に目が覚めてしまうことが問題なのではなく、
  2時に目が覚めて、その後、焦ることが問題なんだ。
  時差ぼけで問題なのは、その焦りだけだ」

 そう言われてみれば、そうなのかもしれません。
 万事彼は、そういうスタンスです。

 また、彼はすべての人にコーチが必要だと言います。
 音楽の世界で、コーチのいない演奏家はいないと言います。
 たとえば声楽家は、自分の声が
 あまりにも自分自身に近いところから出てくるので、
 自分で自分の音を捉えられないときがあります。
 だから、コーチが必要だと。

 また、スポーツ選手、
 たとえば、アガシ、タイガー・ウッズなど
 一流の選手の名前を挙げて、

 「あんなに一流の人たちがコーチをつけているのに、
  自分たちのような凡人にコーチが不必要なわけがない」

 と言うのです。

 そして、彼は自分のコーチについて話し始めました。

 6時間以上の対談は、とてもエキサイティングでした。
 それでいて、まるで疲れを覚えない。
 6時間ずっと、疲れないあり方についてコーチされたような、
 そんな体験でした。
 
 ベンジャミン・ザンダー氏との対談の内容については、
 追って、ウェブ上で紹介していきたいと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事