Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


何を聞いていいかわからない

 先日、社内コーチ育成プログラムを行っていたときのことです。
 参加者のAさんは45歳の男性。
 父は建設業の経営者。
 彼は、2代目として将来事業を承継することが決まっています。

 今回は6回目のトレーニングでした。
 テーマは「よい聞き手になる」。

 日ごろの様子をAさんに聞いてみると、
 部下とのコミュニケーションは指示命令型で、
 かなり一方通行になっているとのこと。
 部下の話を聞こうと思っても、何を聞いていいかわからない。
 間がもたないといいます。

 そこで、私の話をAさんが聞く、という
 ロールプレイを行うことにしました。

 題材は趣味。

 Aさん:「桜井さんの趣味は何ですか?」
 桜井 :「ゴルフです」
 Aさん:「ハンデは?」
 桜井 :「正式なものは持ってないんです」
 Aさん:「どのくらいのスコアでまわるんですか?」
 桜井 :「この前は97でした」
 Aさん:「どこのゴルフ場ですか?」
 桜井 :「成田です」
 Aさん:「誰と行くのですか?」
 桜井 :「友達」
 Aさん:「いつから始めたんですか?」
 桜井 :「10年ぐらい前かな」

 Aさん:「桜井さん、質問のネタがなくなりました。
       何を聞いたらいいかわかりません」
 桜井 :「あれ、もう終わりですか?」
 Aさん:「部下ともこんな感じになっちゃうんですよ」
 桜井 :「Aさんは何に意識を向けて聞こうとしていたんですか?」
 Aさん:「桜井さんの趣味、ゴルフについて聞くことに
       集中していたつもりなんですけど、、、」
 桜井 :「なるほど、ゴルフそのもののことを聞いていくと
       自分の知っている範囲のことしか質問できないから、
       すぐにネタがつきてしまいますよね」

 コーチになるための最初のトレーニングは
 「よい聞き手」になることです。
 ところが、実際にロールプレイを行ってみると、
 このようなことがよく起こります。

 「何を聞いていいかわからない」

 もし、見えている行動だけではなく、
 その人自身に興味をもつことができたらどうでしょうか。
 ゴルフそのものではなくて、
 ゴルフを切り口にしてその人自身のことについて興味をもつ。

 ゴルフの何に魅力を感じているか?
 ゴルフをやっていて一番エキサイトする瞬間はいつか?
 もっとゴルフを楽しむためのポイントは何か?
 どのようなことを考えたり感じながらラウンドしているのか?

 その人自身が感じていることや考えていること。
 その人そのものに興味をもつ。

 部下に対してもまったく同じです。
 仕事そのものの話ももちろん大切です。
 それに加えて、仕事をやっているその人自身に興味をもつ。

 仕事にどのくらい満足しているのか?
 仕事の何に楽しさを感じるのか?
 やりたいことは何か?
 困っていることは何か?
 どのような将来を考えているのか?

 目の前にいるその人そのものに興味をもつこと 。
 これがよい聞き手になるための最初のステップなのだと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事