Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


妻からのひと言

 先日の早朝のことです。
 朝食の準備をしている妻に向かって、
 小学校3年生の娘が、昨日の学校での出来事を話しだしました。

 「ねえねえお母さん、、、」
 
 ところが、妻には娘の話が耳に入らない。
 忙しそうに手を動かし、娘の顔を見ようともしない。
 しばらくすると、娘は話すのをあきらめて、
 つまらなそうに学校に行く準備をし始めました。

 それを目の当たりにしていた私は、
 「さっきから話しかけてるんだから、少しは聞いてあげたら?」
 と思わず言ってしまったのです。

 すると、妻は、娘ではなく私に向かって振り返りました。
 そして、少しだけ目をつりあげて、

 「私の話はいつ聞いてくれるの!?」


 子どもにしろ大人にしろ、私たちは
 自分の話を聞いて欲しいと思っています。

 自分の話が十分に聞かれている。
 聞いてもらうだけで、少しほっとしたり、すっきりしたりする。
 その安心感やちょっとした満足感が、
 私たちが気分よく生きていくための原動力になっていると思うのです。

 ところが、自分の話が聞かれていないと、
 「自分の言っていることに、興味がないのかな」とか、
 「自分の言っていることは、大切ではないのかな」というように、
 自分の話している内容がつまらないのかもしれないと思ってしまう。

 そして、この「聞かれていない」状態が続くと、やがては、
 「私のことはどうでもいいんだ」
 「自分は大切ではないんだ」
 というニュアンスを感じてしまう。

 話を聞かないというだけで、相手は自分に疑いの目を向け、
 自分自身の価値を低下させてしまうのです。

 子どもでも大人でも、その点に関しては同じです。


 部下の一人に聞いてみました。
 「僕はどのくらい君の話をきいているかな?」

 「大体、桜井さんはいつも忙しそうじゃないですか。
  桜井さんに話したいことがたくさんあるのに、、、
  私だけでなく、みんなも悶々としてると思いますよ」

 私の場合は、
 まずは、こちらから話を聞こうというスタンスが必要のようです。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事