Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


11のコンピテンシー

 コーチングを学ぶ方から、よく次の質問を受けます。

 「コーチとしてスキルアップするためには、何を目指し、
  どういうことを勉強すればいいのでしょうか?」

 それについては、ひとつ確実に指標となるものがあります。
 国際コーチ連盟(ICF)が定める「コーチのコンピテンシー」です。

 ICFでは、コーチのコンピテンシーを常に修正し、
 言語化することに多くの力を注いでおり、
 そのための独自の委員会を持っているほどです。

 その委員会に参加したことがあるのですが、
 ときに喧嘩になるほど、喧々諤々と議論を交わしていました。
 その結果、具体的な言葉になったコンピテンシーが生まれ、
 認定コーチ資格の試験も、このコンピテンシーに沿った能力を
 持っているかどうかに基づいて行なっています。

 ですから、コーチとしてのスキルアップを目指し、
 優秀なコーチとなるためには、
 このコンピテンシーをガイドラインとして
 常にチェックすることをおすすめします。

 コーチには、次の11のコンピテンシーが求められています。
 それぞれ初級者レベルから上級者レベルまでありますが、
 今回は、マスターコーチと呼ばれる上級者レベルの特徴を
 ご紹介します。

 1.プロとしての倫理規定と基準を満たしている
    →コーチの倫理規定について明確に言語化できる

 2.コーチングのセッションについてクライアントと同意を作り出す
    →コーチングセッションに、クライアントが何を求め、
    どんな成果を手に入れ、それをどのように測定するかについて
    クライアントとの同意を作り出すことができる

 3.クライアントと親密な関係を築いている
    →ただ親しいのではなく、クライアントとパートナーシップを
    組み、クライアントの未知の部分を一緒に探求できる

 4.コーチとしてのプレゼンスがある
    →オープンで柔軟で自信に満ちた態度を持つ

 5.アクティブリスニングができる
    →クライアントが話していることと、言語外にあることの両方に
    耳を傾けており、クライアントが自己表現できるよう援助する

 6.強力な質問ができる
    →クライアントに考えさせ、自己開示できる情報を引き出す
    質問をすることができる

 7.直接的なコミュニケーションができる
    →クライアントにとって、最もポジティブな影響を与える
    コミュニケーションを起こすことができる

 8.気づきを促す
    →クライアントが求める成果を達成するために、
    クライアントから得た情報を正確に統合することができる

 9.行動を促す
    →クライアントにとっての学習の機会を
    ともにデザインすることができる

 10.計画と目標設定
     →クライアントとともに、効果的なコーチングのプランを
     作ることができる

 11.進行状況を管理し、責任を持たせる
     →クライアントにとって何が大事かを明確にし、
     行動を起こさせるための責任を自ら取らせることができる

 以上が、11のコンピテンシーです。

 ICFでは、認定試験の口頭試験において、それぞれの
 コンピテンシーについて点数をつけ、その人がコーチとしての
 能力を持っているかを、ひとりにつき4時間かけて審査します。

 この11項目のリストをもとに、周りの人や、自分のクライアントに
 点数をつけてもらうのも、自分へのフィードバックとして有効です。

 このリストを目に見えるところに掲げ、定期的に自分をチェック
 してみると、コーチとしてのスキルアップにつながります。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事