Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


悩む vs 考える

 先日、演出家、鴻上尚史さんの『発声と身体のレッスン』(白水社)
 という本を読みました。

 「正しい発声とは何か」を説くくだりで、鴻上さんは、
  「悩むこと」と「考えること」の違いについて言及しています。

 鴻上さんは、

 「 『悩むこと』とは、
  『あー、私は発声ができていない。困ったなあ。どーしよう。
  どーしたらいいの? ああ、今度の舞台はどうなるのー』
  と、ウダウダすること。

  (中略)

   『考えること』は、
   『さて、私は発声ができていない。
   じゃあ、発声ができている状態ってのは、どんな状態なんだろう。
    私は、誰が発声ができていると思うんだろう。
   あの人はどうだろう? あの人は?』
   と、使った時間だけ、発見や吸収があることです」

 と言っています。

 つまり、悩むというのは、答えを手にしたいのに、その答えが
 手に入らず、同じところをぐるぐると回っているような状態。
 一方、考えるというのは、答え探すのではなく、
 答えに至る問いを自分の中で立てるプロセスのこと。

 さて、先日、親会社から子会社に出向し、
 社長を務められている方のコーチングをしたときのことです。

 彼は親会社で、長らく経営企画の仕事に携わっており、
 ある意味経営のプロです。
 ですから、子会社をどうすれば財務的に黒字に出来るかという
 戦略作りに関しては、多くの問いを立てることができます。

 「赤字事業から、どうすれば早急に撤退することができるだろうか?」

 「協力会社とのコラボレーションを推進するためには、
 どうすればいいだろうか?」

 「協力会社が求めている特典は、どういうものだろうか?」

 ところが、そうやって作り上げた戦略を部下がなかなか理解しない。
 つまり自分の想いが社員に伝わらないといいます。
 こちらについては、どうも日頃悶々とし、
 「なぜわかってくれないんだ?」と堂々巡りをしているだけで、
 問いが立てられていない。だから答えが見つからない。

 企業戦略については「考えている」わけですが、
 社員にどう伝えるかについては「悩んでいる」わけです。

 どうも、得意な領域については、意識的にしろ、無意識的にしろ
 人は問いを立て、考えることができるようです。
 ところが、不得意な領域については悩んでしまう。
 問いを立てられないからこそ不得意になるともいえます。

 仕事の能力が高い人というのは、きっと、仕事の全ての領域
 (戦略構築、部下育成、チームビルディング、お客様との関係向上)で
 問いを立てるスピードが速く、
 また、問いのバリエーションが多いのだと思います。

 さて、あなたは、何について考え、
 何については悩んでいるでしょうか?

 問いが立てられる領域では、
 実際どのような問いを立てているか棚卸ししてみてください。

 そして、次に、問いが立てられない領域を見つけ、
 そこではどのように問いを立てられるかについて、
 検討してみてください。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事