Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


あなたのタイプは?

 「何か美味しいものを食べに行こうか」と私。
 「いいよ。行く、行く!」と答えるのは中学3年の長女。
 「どこに行くの? 何を食べるの?」と質問してくるのは
 小学3年の次女。

 人をタイプに分ける方法はたくさんあります。
 中でも、コミュニケーションのスタイルに焦点を当てたものが、
 コーチングで使う、4つのタイプ分け™です。

 自分が「決断」することを重視するコントローラー、
 人に「影響」を与えることに喜びを感じるプロモーター、
 人との「合意」や「協調」を重視するサポーター、
 ものごとの「正確さ」を大切にするアナライザー。

 私からの楽しげな誘いにノリで応じる長女は、たぶんプロモーター。
 店や料理の内容などの具体的な情報求める次女は、
 おそらくアナライザーです。

 昨年の夏、東京のお台場で冷凍マンモスの展示をしていました。
 地球温暖化の影響で地表に現れたという、
 愛・地球博で話題になった、あのマンモスです。

 8月のある日、私は、

 「お台場にマンモスを見に行こうよ」

 と次女を誘いました。
 ところが次女は、すぐに「うん」とは言いません。

 「そこに何があるの?」
 「どんなところなの?」

 と、次々に質問をし始めます。

 「マンモスってなに?」
 「それ気持悪くないの?」

 などなど。

 私は、娘をどうやって乗せようかと頭を捻り、

 「きっと夏休みの自由研究の材料になるよ」

 と答えました。

 すると

 「ふーん、じゃあ行こうかな」

 と彼女は納得。

 実際にマンモス展の会場に足を運ぶと、彼女は驚くほど熱心に
 メモを取り、学芸員からの説明を真剣な眼差しで聞いていました。

 アナライザーが重視するのは「正確さ」や「失敗しないこと」です。
 ですから、何よりも、具体性やデータなどの納得できる根拠を
 求めるのです。

 アナライザーの、考えながら何度も理由をたずねたりする態度は、
 ときに「細かすぎる」「いちいちうるさい」と映ることも
 あるかもしれません。

 アナライザーには、「とにかくやってみよう」などと
 ノリで誘うのではなく、具体的で納得できるような言葉を添えると
 比較的スムーズにコミュニケーションが進みます。

 ところで、私は、次女のことを、アナライザーだけではなく、
 自分の判断を大切にするコントローラーの傾向も
 かなり強いと見ています。

 ただ、ゆっくり正確に伝えようとする話し方や、
 上記の例のような決断までのプロセスから、
 ときおりアナライザー的な要素が垣間見えるのです。
 つまり、次女はコントローラー・アナライザー。

 ちなみに、私自身はプロモーター・コントローラー。
 人に影響を与えることに喜びを感じ、
 かつ自分で決断することを好むというわけです。

 コーチングの三原則の一つである「テーラーメイド(個別対応)」。
 その基本は、相手のタイプに合わせてコミュニケーションを
 交わすことです。

 そのためには、まずは自分自身のタイプを知ること、
 そして、タイプ分け™の考え方に対する理解を深めること。

 ぜひ、タイプ分け™のテストを試してみてください。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事