Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


フィードバックをもらう

毎月第4週目が終わると、心穏やかでない日々が訪れます。

私は毎月、コーチ・トレーニング・プログラム(CTP)で
約20人の受講生を対象に、コーチング・スキルをトレーニングする
クラスを行なっています。

たとえば、「コーチング・カンバセーション」というクラスを
毎週1時間、同じグループに対し4週に分けて行なっています。

この4週目が終了した時点で、受講生20名の方に

 ・私のクラスに参加して学びがあったか
 ・わかりやすかったか
 ・気づきがあったか
 ・コーチとしてのモデルとなっているか

など、10項目について10点満点で点数をつけていただき、
また、具体的にコメントも書いていただいています。

10、10、10という点数が続くとほっとし、
5、6などの点数を見ると瞳孔が縮まります。

「もう少しポイントを絞ってティーチングを多くして欲しい」
などの具体的なコメントを読むと、胸の鼓動が激しくなり、
「ロールプレイがとても参考になった」
というコメントを読むと安堵します。

これが毎月の第4週に行なわれるのです。

しかし、このフィードバックがあるからこそ、毎回自分がやっている
ことを確認することができ、軌道修正できます。

コーチ・トレーニング・プログラムは、クラスコーチと受講者
という立場であっても、お互いに学習しあう関係であることが、
大きなメリットであり、価値あるものとなっているのです。

コーチとクライアントとの関係も同じです。

クライアントとの契約が終わると、
エヴァリュエーション(評価)をしてもらいます。

ここでも、コーチとの関係で学んだこと、身につけたこと、
気づいたことについて、点数とコメントによって
フィードバックしてもらいます。

同様のことを、私は、自分のコーチに対しても行ないます。
ちょうど数日前、中間エヴァリュエーションを行ないましたが、

 ・自分がコーチの何に対して価値を見出しているか
 ・今後、成果を出し続けるためには、どんなリクエストがあるか

などを具体的に相手に伝えることで、
自分自身のコミットメントと責任のありかが明確になります。

フィードバックをもらう、する、というのは、
コーチとクライアント(または受講生)との関係において、
必要不可欠であり、
この行為そのものがダイナミックな体験となります。

ところで、最近、職場のスタッフ全員から、私のマネジメントスキルに
ついて、360度フィードバックをもらう機会がありました。

これは、読むだけで目が覚めます。

実感したことは、ひとつ。

「人は自分のことを見ている」

たとえば、
「一流のコーチとして、
もう少しグレードの高い服装をしたほうがいい」
などというフィードバックは、
次の日の服装を選ぶ態度にすぐに影響しました。

また、手前味噌になりますが、新しくなったウェブサイト、
Test.jpの目玉、「タイプ分け360度」テストは、実に驚きです。

このテストでは、自分が思っている自分と、周囲が見ている自分、
両方の視点から、自分のタイプを知ることができます。

私は自らのコミュニケーションタイプを「プロモーター・サポーター」
と思っており、その中でも、サポーター色が強いと思っていました。

しかし、このテストで知った、周りから見た自分のタイプは、
「プロモーター」の次に「コントローラー」が高かったのです。
私はこのことに、心底驚いています。

このように、フィードバックをもらうと、自分自身に対する
新発見が多くあり、実にエキサイティングです。

最近、コーチをするうえでも、クライアントの方に、
まず周りからフィードバックをもらうことを推奨しています。

自分のことについて知る確実な方法は、
周りからフィードバックを得ること。

この効果を実感しています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事