Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


自分のことを知りたいですか?

先日、こんなエピソードを聞きました。

社員数約800名の電気部品メーカーY社では、
社長のスピーチが長い。
試しに、社長に内緒で社員に対してアンケートをとった。
結果を見た担当者。

「この結果は、社長には見せられない」

弊社では、年初からスタッフに対して360度フィードバックを
実施しています。一人ひとりが、約50名のスタッフ全員から
フィードバックを受けるので、
その人が周囲とどのようなコミュニケーションを創り出しているか、
どのような関係性を創り出しているか、
傾向がはっきりと浮かび上がります。

その結果に基づいて面談を行うのですが、
結果に直面している当事者である部下は、
たとえ否定的な側面が浮き彫りになったとしても、
思いのほか楽しそうなのです。
私はその様子を見ていて少しうらやましくなりました。

自分もどのように思われているのか知りたくなり、
もともとの予定には無かったのですが、
私自身も360度フィードバックを実施することにしました。

結果は、

「行動力があり、実績を出すことで周囲から信頼を得ている」
「指示がアバウトすぎて、何を言っているのかわからない」
「プレーヤーとしては優れているが、
マネジャーとしての活動はよくわからない」
「部下とのコミュニケーションが少ない」
「会社のヴィジョンが見えにくい」
「もっと会社をリードして欲しい」

などなど。

ほとんどの答えは、自分が想像していた通りです。
ところが、想像しているのと実際の声を聞いてしまうのとは全く別のこと。

現実に直面した瞬間のショックは多少ありますが、
その後に、こうしよう、ああしよう、こうもできる、、、
いろいろなアイディアが浮かんでくるのです。
それは想像しているだけのときには起こらない。

そして、実際に私は、結果をもらった直後にあった
スタッフとの月次のミーティングのやり方を変えました。

「自分のことを知りたいですか?」

この質問をすると、ほとんどの人が
「知りたい」と答えます。

自分のことを知る。

自分の態度や行動が人からどう思われているのか、
性格については? 服装は? 第一印象は?
今のままでうまくいっていることがわかれば安心できる。
うまくいっていないことがわかれば、修正できる。
つまり、自分のことを知ることができれば、
未来が少しはっきり見えてくる。
そして、未来のコントロールが可能になるわけです。
だからみんな自分のことを知りたいと思う。

冒頭のエピソード。

もし、Y社の担当者が勇気を出して、
フィードバックの結果を社長に渡していれば、
社長は何かを変えたのかも知れません。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事