Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


若返りのスイッチ

2006年8月、ニューヨークで内科医を開業している、
ロッジ先生をたずねました。『若返る人』の著者であり、
「進化生物学」という新しい学問の専門家です。

彼は、人間には「成長」と「衰え=老化」のスイッチがあると言います。

これまで老化は仕方のないものと思われてきました。
しかし、誰でも、年をとれば同じように身体が衰えるわけではない。

「成長」のスイッチを入れるための信号を、意図して脳と身体に送る。
そして、身体に送る信号は「毎日の運動」「人を愛すること」
「理にかなった食事」そして「参加すること」にあると。

ロッジ先生は続けます。

「運動の目的は、心肺機能を高めることだけではない。
運動をすることによって、脳と体に信号を送ることになる」

(220 - 年齢)×0.7縲怩O.8の心拍数のゾーンに
一定時間入ると、脳から成長信号が発信される。
それは、普段ものを考える脳ではなく、"身体脳"と彼は呼んでいます。

よく筋肉を鍛えている人は、重いものを持つことで筋肉が傷つき、
それを修復する過程で筋肉がついていくといいます。

同じように、運動によって体が酸化すると、
それを修復するために抗酸化の働きが起こります。

つまり、修復し、成長させる「スイッチ」が、運動によって入るわけです。


私はこれまでも、ときどき運動はしていましたが、
今は運動をする意味がまるで違います。

これまでは、適度な運動は体にいいから。終わった後に気持ちがいいから。

しかし今は、私は私にコミュニケートしている。
脈拍を120縲怩P40に上げることで、
私の脳は成長のスイッチを入れているのです。

実は会社の中でも同じような現象が起こっています。
漠然とですが、会社の中では成長のスイッチが入ったり、
衰えのスイッチが入ったりしています。

それは、変化に対する態度、判断や行動のスピード、
コミュニケーション、人間関係、そして、感受性、柔軟性に表れます。
そこで交わされる会話、そして、言葉にならない態度や振る舞いが、
会社を成長のモードに入れたり、老化、衰えを促進させてしまっています。

ちなみに、若さのポイントとしては、

・意思決定のスピード
・いろんな人が活躍できる(多様性)
・発言の自由
・所属している社員が発する言葉に「わくわく感」「躍動感」がある
・部署の枠を超えて身軽な動きが取れる
・好奇心が旺盛
・革新を続ける風土とそれを支える人の活力
・会議の活気
・笑い声が聞こえる
などが挙げられます。

次回は、老化を引き起こすポイントについて見ていきたいと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事