Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


インターナショナル元年

この週末、アメリカ合衆国から来日したコーチ、
マーガレット・クリグバウム氏とともに行動する機会がありました。

日本におけるコーチの数の増加に伴い、国際コーチ連盟の認定試験官を
日本語でできる人をトレーニングするということがひとつの目的で、
私もそのトレーニングに通訳として参加しました。

マーガレットと2日間をともに過ごす中で、
世界各国におけるコーチ事情を聞くことができました。

特にヨーロッパにおけるコーチ業の発展は、
日本の状況に通じるものがあります。

その中でいくつかご紹介すると、

ヨーロッパでは、「コーチング」という言葉は使っていなかったが、
ビジネスでコーチング的なアプローチを使うエキスパートが
1980年代から存在していた。
ヨーロッパでは、プロのコーチは、ほぼ100%ビジネスコーチであり、
企業のエクゼクティブを対象にコーチングを行なっていたり、
企業そのものに入り込んでコーチングをしている。
ヨーロッパでは、国際コーチ連盟の認定資格は、コーチ業を営む者には不可欠。
資格がない人はコーチとしての仕事をする機会はほとんどない。
コーチングという言葉や、コーチングとは何か、ということについて、
大々的にマーケティングを始め、その普及に成功したのはアメリカですが、
ヨーロッパのコーチにとっては、自分たちがさきがけであるという自負が
ある様子。まるでアメリカで生まれたかのような言い方はしないで欲しい、
と言わんばかりだそうです。

実際にコーチングが発展しているという事実は、
たとえば、国際コーチ連盟が認定したトレーニングプログラムの数が、
オーストリア、イタリア、スペインに2つずつ、イギリスに3つあることを始め、
スイス、フランスなど全部で9プログラムあることにも象徴されています。

いかにコーチをトレーニングする機関が多く、
そのことへのニーズが高いかを実感することができます。

マーガレットは、コーチングの国際的な発展に惜しみない努力を注いできました。
今年は、アメリカ合衆国カリフォルニア州南部の港湾都市、
ロングビーチで国際コーチ連盟の年次大会が開かれますが、
彼女は、そこで行われるプレゼンテーションのスピーカーを選出する総責任者。

「『国際コーチ連盟』なんて言うけど、ぜんぜん国際じゃないじゃない」
というのが口癖だったマーガレットの強いリーダーシップのもと、
今年は、世界各国からスピーカーが選出されました。

アメリカをはじめ、アジア、ヨーロッパ、南米、オーストラリアからと、
いまだかつてない国際色豊かな会議になる模様です。
このCoach's Viewの筆者で、コーチ・トゥエンティワンの伊藤守も
スピーカーの一人として登場します。

2007年は、コーチ業界における
まさにインターナショナル元年だといえるでしょう。

世界の動向の中における、
日本のコーチの今後の発展に目を向ける時期が来たのだと思っています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事