Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチングをスキルアップする方法

最近では、多くの人がコーチの認定資格を得て、
コーチとしての活動をしています。

しかし、資格を取得したとしても、
コーチとしてスキルアップし続けるためには
トレーニングや学習を続けることが重要です。

国際コーチ連盟(ICF)の認定資格は、いったん取得したら
それで終わりではなく、更新することが求められます。

更新の条件として、
「コーチのコア・コンピテンシー(核となる能力)に関する学習を続けること」
というものが含まれています。

すなわち、コーチとしての継続的なトレーニングと学習が必要なのです。

もちろん、トレーニングスクールや自主勉強会などにおいて
学習することも大事ですが、
自分のスキルを判断する方法としては、
クライアントからのフィードバックが有効です。

私の場合は、自分のコーチングセッションを
「客観的に聞く」ということを定期的にしています。
これはインパクトがあり、自分の課題が具体的に、明確になります。

自己学習するうえで非常に効果的ですので、方法をご紹介します。

 1.クライアントに、セッションを録音することの了承を得る。
    またその際、自己学習が目的であることを必ず伝える。

 2.審査シートを用意する。

  ※ 審査シートは、国際コーチ連盟(ICF)が出している
    「コーチのコア・コンピテンシー」を利用することをお薦めします。

    「コーチのコア・コンピテンシー」はこちらからご覧になることができます。
    (日本コーチ協会)

 3.それぞれのコンピテンシー項目を見ながら、
    自分のセッションの録音を聞き、
    できている、できていないのチェックをつける。

以上のプロセスを経るだけで、自分の実力が明確になるのと同時に、
コーチのコンピテンシーとして何が求められているのかを学ぶことができます。
コーチのコア・コンピテンシーは、大きく4つに分かれています。


  A.ファウンデーション(基盤)を確立する
────────────────────────
  ・コーチの倫理規定とプロとしての基準を満たす
  ・コーチングに関する同意を取り交わす


  B.関係をともに築く
────────────────────────
 ・クライアントと親密な信頼関係を築いている
 ・コーチとしてのプレゼンスがある


  C.効果的なコミュニケーション
────────────────────────
 ・アクティブ・リスニングをしている
 ・効果的な質問をしている
 ・率直なコミュニケーションがある


  D.学び、成果を得ることを促す
────────────────────────
 ・「気づき」を促している
 ・行動をデザインしている
 ・行動計画とゴールセッティングがある
 ・進行状況を管理し、責任を明確にしている

それぞれがさらに小項目に分かれており、全部で65の小項目があります。
これは長年かかって作り上げられただけあり、主な領域を網羅しています。

 ・クライアントが自分を正当化したり、過去を振り返るためではなく、
   望む方向に進めるような質問をすることができる

 ・話のポイントを明確にし、具体的な絵が書けるように、
   メタファーや逸話を使うことができる

 ・クライアントが実行すると決めた行動をとらなかった場合、
   そのことに積極的に向き合わせることできる

これらは小項目の一部ですが、コーチとして経験や実績を積むということは、
これらのコア・コンピテンシーを、真に、より高いレベルまで
身につけていくことを意味します。

私は、国際コーチ連盟(ICF)の認定コーチの資格の口頭試験で
試験官を務める機会がありますが、熟達した人のコーチングと、
初心者のコーチングには、これらのコンピテンシーに雲泥の差があります。

ぜひプリントアウトして、日常的に持ち歩き、
常に自分のコーチングをチェックすることに使うことをお薦めします。

それがスキルアップに大きく関与することに間違いはありません。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事