Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


I want vs I want

夏休み、アメリカから日本に帰国していた
友人夫妻の一家と会う機会がありました。

彼らは小学生の娘さんを学校に入れるために、
2年前からボストンに移り住んでいます。

この学校は40年の歴史のある学校で、
幼稚園児から高校生まで在籍しています。

特徴は、なんといってもカリキュラムが一切ないことです。
一切というのは一切です。全くない。
生徒はただ学校に行って、自分がしたい好きなことを一日やって帰ってきます。
5歳の子も、10歳の子も、18歳の子も。

友人曰く、

「プレイステーションを一日中やっている子もいるし、
好きな本を端から読み漁っている子もいるし、
スポーツに興じている子もいる。

先生は傍らで見ているだけで、何も指示をしない。
生徒がサポートを求めてきたら快く応える。
それが学校の全てなんだよね」

強制のない自由な環境の中でこそ、自分が欲していること、
真の「I want」を見つけることができるというのがこの学校の教育方針です。

友人によると、この学校を出て、ハーバード大学に進学する子もいれば、
パン屋になる子や、写真家になる子もいるそうです。

それぞれがそれぞれの I want をこの学校の中で発見していく。
そのための場であるわけです。

この友人の娘さんと私の息子がたまたま同じ年で、気も合ったのか、
5時間ほどぶっ続けで二人で遊んでいました。

見ていると友人の娘さんは、頻繁に I want を口にしています。

「ゲームがしたい!」
「DVDが見たい!」

その学校ほどではないにしろ、割と自由に育てている息子も
娘さんに触発されて、負けじと、I want を口にします。

「海賊ごっこがしたい!」
「お絵描きがしたい!」

まさに I want と I want のぶつかりあいです。

どう折り合いがつくのだろうと見ていると、
友人の娘さんがうまく接点を見出していきます。

「じゃあ、10分海賊ごっこして、その後ゲームをしましょう」とか。
「DVDのキャラクターを見て、それを後で絵に描くのはどう?」とか。

息子はそうした提案を快く受け止め、遊びが進行していきます。

この光景を一緒に見ていた友人が話をしてくれました。

「I want を見つけるだけであれば、自分一人でもいいかもしれない。
学校に行く必要は特にないかもしれない。

でも、この学校がいいのは、
お互いの I want を大事にするようになるということなんだよね。

どの子も I want だらけだから、時にはお互いの I want がぶつかることもある。
どこかで折り合いをつけなければならない。

それを繰り返していると、どうすれば自分の I want を大事にしながら
他人の I want も大切にすることができるかを自然に学習するんだろうね」

友人の話を聞きながら、ふと日本の企業を
この学校のように運営したらどうなるだろうと考えました。

企業では、社員はいつもいつも I want を声高に叫べるとは限りません。
それどころか、どちらかといえば「I must」の中に埋没して、
自分の I want がなんなのか、
皆目見当もつかなくなるようなケースもあります。

多くの経営者は、社員に好きに I want を語らせたら収拾がつかなくなって、
経営がおぼつかなくなるのではと心配しています。

でも、もし、思い切って、
一人ひとりの社員に「この会社で何をしたいのか」と、真剣に問い、

「その実現のために全力をあげてみろ」

と投げかけたら一体何が起こるでしょうか。

ばらばらになるのではなく、実はお互いの I want の実現に向けて
サポートし合うような組織が生まれるのかもしれません。

本来人間には、そうした行動傾向があるのかもしれません。
それがうまく引き出せていないだけで。

一人ひとりに I want を認めることの結末はカオス(混沌)ではなく、
コスモス(秩序)ではないか、そんなことを考えた夏の一幕でした。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事