Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


エネルギーを高める鍵

先日の研修でのことです。
参加していたある企業に勤めるマネジャーの発言です。

「桜井さん、部下の話を聞くのが大切なことはわかりました。
 でも僕の場合、聞けるときと聞けないときがありますね。
 自分のそのときのエネルギー次第だな」

私にとっても、なかなか耳の痛い発言でした。

以前、メジャーリーグの松井選手とイチロー選手が、
自分自身の調子の維持やエネルギーの高め方について
次のように話しているテレビ番組を見たことがあります。

松井選手
「二日酔いになるようなことは絶対にありません。
 特にシーズン中は、次の日がオフだったとしても
 ありえないですね。
 技術も大切ですが、それを発揮するための体調の管理や
 モチベーションの上げ方はそれ以上に大切なことだと思ってます。
 だから、絶対に次の日に残るような飲み方はしませんね」

イチロー選手
「僕の場合、シーズン中は、試合中以外はバットを持たないんです。
 僕にとっては、
 早くバットに触りたい!
 早くバットを振ってみたい!
 早く野球がしたい!
 そう思える状態をつくるのが大切なんです。
 打ち込みをしたり、家で素振りなんかしてたら、その盛り上がりがないでしょ」

松井選手も、イチロー選手も方法に違いはあるにしろ、
一流と呼ばれるプロフェッショナルは、
最高のパフォーマンスを発揮するために、
エネルギーレベルを高めるための独自の方法を持っているのです。

さて、私の周囲にいる身近な人たちはどのようにしているのでしょう。
一緒に働いている人たちに聞いてみました。

「To Do リストを作って完了させる」
「充分な睡眠時間を確保する」
「朝、ストレッチをして果物を食べる」
「自分から人に話しかける」
「寝る前に20分間湯船につかる」
「メールの返信を全部してから帰る」
「週に一度は考えを自由にめぐらせられる時間をとる」
「必要のないお酒は飲まない、飲みすぎない」
「これから行うことのイメージをはっきりとさせる」

いろいろとその人なりの方法を持っているようです。

どんなに高いスキルを持っていたとしても、
体調が悪かったり、気分がすぐれないなど、
自分のエネルギーのレベルが低ければ、
それを発揮することはできません。

最高のパフォーマンスを発揮するためには、
どうすれば自分自身のエネルギーレベルを高く保つことができるかを
知っている必要があるのです。

あなたのエネルギーレベルを高める鍵は何ですか?

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事