Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーポレート・ランゲージを話せるか? 縲鰀 コーチが使う言葉

人をコーチするうえで最も大事なのは「聞く」ことである。

これは、コーチなら、誰もが同意することでしょう。
では、コーチが「どう話すか」について、
どれほど意識を配っているかと尋ねると、
「聞く」ことほど意識していないことに気づきます。

コーチングでは、「聞く」ことと同様に、
コーチが「どう話すか」が大事です。

コーチングスキルを駆使したからといって
コーチングができるわけではありません。

長い間、企業コーチ(コーポレートコーチ)の
トレーニングに携わっているシンディ・カルオリ氏に、
コーチングのマーケットの可能性と課題について
話をする機会がありました。

シンディは、自信を持って次のように言いました。

「コーチングが最もその効力を発揮する場は、
 企業だと実感している」

「コーチングスキルを身につけた
 コーチ型マネジャーを育てるのは大事だし、
 社内コーチや企業コーチ(※欄外参照)育成の
 必要性が高まっているのは、世界的な事実」

「コーチングスキルの勉強をするのは大事だけど、
 最も大事なことに、あまり目が向けてられていないと思う。
 企業でコーチする人は、『企業の言葉』を話せないとダメよ」

「マネジャーがどんな課題に接しているか、
 日常的に直面している問題は何か、
 どんな知識が求められているのか。
 そのことについてコーチ側が知っており、
 それを話題にし、彼らと同じボキャブラリーを使うこと。
 これが最も大事」

「私が今コーポレートコーチとして成功しているのは、
 20年以上にわたるマネジメントの仕事をしていたから。
 私の強みは、『コーポレート・ランゲージを話せる』こと。
 私のクライアント(企業)はそれを信用して私を雇っているの」

長年弁護士として務めてきたマーガレット・クリグバウム氏も、
同じことを言っていました。

「私はいつでも、弁護士として培ってきた言語力を
 使うことができると思っている。
 いざという時には、それを使うことができるというのが私の安心材料。
 めったに披露することはないけどね」

コーチングは、相手から引き出すだけでは、
その効力は十分に発揮できません。

コーチとしてクライアントの領域の知識があること、
そのことについて話せること、それを「同じ言葉」で話せること。

これは、コーチのコア・コンピテンシーの1項目である、
「クライアントと親密な信頼関係を築く」うえで、
重要な役割を果たしていることを、コーチは意識する必要があります。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

※社内コーチ:自身が所属する企業・組織にて、 必要に応じてコーチングを行う社員
※企業コーチ:企業と契約し、クライアントの企業内でコーチングを行うプロコーチ

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事