Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


マイナスの結果を乗り越える

人の行動が未来にわたって繰り返し起こるかどうかは、
「ABC」によって決定される、という理論があります。

Aは、Antecedentsの頭文字で、日本語にすれば先行要因。
もっとわかりやすくいえば、「きっかけ」です。

Bは、Behaviorを表し、「行動」。

Cは、Consequencesで、後発要因。行動の「結果」です。

つまり、ある「きっかけ」があって、特定の「行動」が起き、
その行動の「結果」がどういうものかによって、
未来の「行動の反復性」に影響を及ぼすということです。

ということは、どんなに強いきっかけがあっても、行動の結果如何で、
その行動は消え去ってしまう可能性があります。

行動の結果、
1.プラスが出れば、その行動は「強化」されます。
2.マイナスが消えても、強化。

逆に、
3.マイナスが出れば、行動は「弱化」。つまり起きなくなります。
4.プラスもマイナスも出なくても、弱化します。

ABCの主な類型は、この4パターンです。

「コーチング」という行動が継続するかどうかも、
ABCに当てはめて考えることができます。

研修などに参加して、

「これからはコーチングだ!
窶lサ場に戻ったら、早速部下を相手に実践してみよう!」

と心に決める。
研修はきっかけとして機能したわけです。

で、現場で実際に試してみる。
結果、部下がこんな風に言ってくれます。

「話をしただけで、自分が何をやるべきかとても整理されました。
窶bェんばります!」

「プラスが出た」(1のパターン)わけですから、行動は再び起きます。

あるいは、いつも不平や不満をぶつけてくる部下の話を、
遮らずにじっくり聞いてみたら、
部下があまりネガティブな話をしなくなった。

これは「マイナスが消えた」(2のパターン)ことになり、
やはり行動は継続されます。

この2つのいずれかが起これば万々歳です。

ところが必ずしもそうはいきません。

一生懸命、部下の話に耳を傾け、意見を求め、承認の言葉を投げかけた。
ところが部下は、

「どうしたんですか急に。いつもと違いますよ。
窶l、修かなんかで影響されたんじゃないですか。
窶bアうしろって言ってくれた方がやりやすいですよ」

行動の結果として、「マイナスが出た」(3のパターン)ことになりますから、
残念ながら、再び行動が起きる可能性は、かなり下がります。

あるいは、必死になって、部下をコーチングしたのに、
どうも部下は良いでも悪いでもない。
何のコメントもしてくれなければ、何の変化も見せることがない。
世界は不変。(4のパターン)

やはり、行動の反復の可能性は下がります。

どんなに強いきっかけに巡り合い、固く実践を誓っても、
わずか2縲怩R回の実践の結果が「マイナスの出現」か「不変」であれば、
行動の反復の可能性はかなり下がってしまいます。

ではどうすればいいでしょうか。

コーチングの実践に限らず、「新しい行動を習慣化する」ときには、
次のように意識することが大事です。

・特に新しい行動の「反復」は、
窶bサの結果に影響されやすいものだということを理解しておく。
窶aiつまり3や4が起きれば決意はゆらぎやすいと予め認識しておく)

・2縲怩R回の行動の結果で、「や縲怩゚た」とならないように、
窶mナ低10回ぐらいは、統計を取るようなつもりで、
 やり続けると最初から決めておく。

・「マイナスが出た」り、「不変」のときには、すぐに誰かと話す。
窶bサして、気持ちを軽くしたり、
 どのような行動のマイナーチェンジが必要か明らかにしたりする。

・直近の結果に影響されないように、その行動を実践し続けることで、
窶oォ来的に何を手にするのか、ヴィジョンを明らかにしておく。
窶aiヴィジョンがはっきりしていれば、直近の結果に一喜一憂しません)

営業マンが、断られても断られても、営業を続けられるのも、
スポーツ選手が、失敗をしても、練習を続けられるのも、
こうしたことを意識できているからではないか、と思ったりします。

いかに、「マイナスの出現」と「不変」に対応する術(すべ)を
身につけているかが、自分が決めたことを実践するうえでは肝要です。

同時に、誰かが決めたことを実践するのをサポートするようなとき、
つまりコーチするときも、
このことについて理解しておくと良いでしょう。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事