Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチの質問

以前、知人に紹介された英語の先生に
どんな教え方をするのか尋ねたことがあります。

彼は、そこにあったペンを取り上げて言いました。
「私は、ペンを持って "What is this?" なんて聞きません」

「はあ」

「だって、見てわかるでしょう。これはペンだって。
 わざわざ聞いたりしないんですよ、見てわかるものを」

「それはそうだね。僕は中学で、真顔で答えさせられたけどね」

「まあ、英語の構文を覚えさせるためにそうしたんだろうけど、
 それにしても効率が悪い」

「君はどうするの?」

すると、彼は後ろ手に何かを持って聞きました。

「今、何を持っていると思う?」

「え? うーんとね、消しゴム」

「NO」

「ヒント!」

「こんな風にやるんです。興味をひき、
 自由に連想させ、考えることの楽しさを経験し、
 そして、答えに向かわせる。
 そして、どんな答えであっても、それを評価しない」

ご存知のように、
コーチングにおけるコミュニケーションの特徴は「質問」にあります。
だからといってどんな質問でも機能するわけではありません。


もちろん、答えを誘導するものであったり、
質問という名を借りて相手を責めるような内容であったりすれば、
それが、機能しないことはわかります。

しかし、書店に並ぶたくさんのコーチングの本の中で
紹介されている質問の事例は、
一方で誘導を否定しているにもかかわらず、
結果的に誘導になってしまっているものも少なくありません。

基本的に、質問はその場で創造されるものですが、
コーチは事前に、前提となる概念を学んでおく必要があります。

クライアントをよりよく知り、理解するための質問。
そして、クライアントの使う言葉を理解するための質問があります。

それは、コーチがクライアントについて知ると同時に、
クライアントの自己認識を深めることの役に立つでしょう。


「今の仕事について何年になりますか?」
「これまで手がけてきた仕事について教えてください」

コーチは、相手の能力や可能性、強みを引き出すと言われますが、
実際に、強みや可能性は、クライアントと環境の関係の中で相互作用を起こし、
そこに表現されていくわけですから、
私自身は、単純に「コーチが能力を引き出す」とは
言いにくいと思っています。

むしろ、今のクライアントをとりまく環境について、
環境に対する働きかけ、環境の選択など、
これらについての質問が優先すると考えています。

たとえばクライアントが問題を抱えているとき、
コーチが問題そのものを扱うことはありません。

それよりは、クライアントが問題とどれだけ直面できているか、
どれだけ視点を変えることができるか、
また、その問題を解決する必要性や優先度について質問します。

問題が「問題」なのは、
自分自身が何が問題なのかわからないことが、
問題のほとんどですから。

したがって、私はコーチングの際に
次のようなありがちな質問をすることはあまりありません。

「今やるべきことが3つあるとしたら、何でしょうか?」
「なぜ今の仕事を選んだのかな?」
「いつまでにそれをやりますか?」
「今、仕事にどのぐらい満足している?」

ときに、たったひとつの質問でも、
仕事や人生にイノベーションをもたらすことがあります。

私のコーチは、ときどき私に聞きます。

「あなたって、どんな人?」

何度聞かれても、新鮮です。

自分に対しても、いい質問をしている人と、そうでない人とでは、
生き方も違ってくるであろうことは、想像がつきます。

「あなたは、自分にどんな質問をしますか?」

それから

「さて、今私が後ろ手にもっているものは何でしょう?」

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事