Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


MAX5分

コーチングを勉強しても、それを使う場面を見つけられないまま、
コーチングのスキルを使う機会を失っているコーチは少なくありません。

特に、企業のマネジャーやリーダーは
仕事の時間中、どこで部下をコーチするか迷ってしまうのではないでしょうか。

わざわざ会議室に呼び出して話すのでは、
ちょっと大仰になってしまうし、
かといって、居酒屋ではコーチングにならない。

コーチングに対する誤解はいくつもありますが、
そのひとつに、

「じっくり時間をかけてやらないければならない」

という思い込みがあります。

最低30分、時には1時間。

これだと、最初から臆してしまいますし、
コーチングを受けるほうにも負担になります。

しかし、社内における実践的なコーチングは、
一人に30分、1時間という無理な設定を最初からせずに、
最大5分を前提にコーチングするほうが効果的です。

できるだけ頻繁に、5分間コーチングを実践するのです。

では、どういう場面で5分間コーチングは行われるのでしょうか。
それについて、リサーチをしました。

【 質問:あなたはどういうときにコーチしてほしいですか? 】

・ いろいろアイデアを出したいとき(ブレーンストーミング)
・ 原稿を書くとき
・ プレゼンの前
・ 難しい部下をコーチする前
・ 計画を立てるとき
・ 仕事を整理したいとき
・ クレーム対応の前と終わってすぐ
・ 優先順位を決めるとき
・ 未完了を完了させるとき
・ 会社やチームに新しいメンバーを迎えるとき
・ チームが変わったとき
・ 営業に行く前と帰ってきてから

etc.

そのために、わざわざアポイントを取ったり、
場所をとらなくてもいいのです。

廊下でも、机を挟んででも、電話でも、コーチングはできます。
5分は新しい視点を得るために、充分な時間です。

一般に、コミュニケーションに時間が必要になるのは、
テーマを探るために時間を使うことになるからです。

もし、最初からテーマがはっきりしていれば、
5分の間に、多くの情報を整理することができます。
座らなくてもいいのです。
立ったままで、5分間のコーチングは効果的です。

もちろん、5分間コーチングが日々継続されていればいるほど、
その効果を期待することができます。

人は基本的に変化を避ける傾向にあります。
たとえどれだけインパクトのあるものでも、
たった1回のコミュニケーションでは、
継続するコーチングにはかないません。

マネジャーやリーダーは、いつでもこちらから声をかけることができます。

営業から帰ってきたときに、

「今日の営業はどうだった?」

新しい役割にまだなじんでいないときに、

「仕事には慣れた?」

そして、次の瞬間に核心に入り、コーチングが可能になります。

もちろん、前提が共有されていることが条件です。
一緒に仕事をしていて、お互いの立場や、どのような役割をもっているかを
お互いに了解している、また、お互いに信頼感がある。

そういう場合は、速いスピードでコーチングを進めることができます。

ゆえに、マネジャーやリーダーがコーチングを学ぶことで、
効果的な人材育成、また、業績に直結したコーチングの実践が、
可能になるのです。

MAX5分のコーチング。

マネジャーが、コーチとして、テーマを絞り、
コーチングを継続するなら、効果を期待できます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事