Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


未来を創造させる質問

前回は、国際コーチ連盟(ICF)が定める
コーチのコア・コンピテンシー(※欄外参照)の
「聞く」スキルについて取り上げ、簡単なエクササイズを紹介しましたが、
実践してみていかがでしたか?

数多くの方からメールをいただいたところからすると、
積極的に「聞く」ということの関心の高さと、実践の難しさを実感します。

今回は、コア・コンピテンシーの「効果的な質問」
(英語ではPowerful questioning)を取り上げます。

コーチは何をするの? と聞くと多くの人は「質問をする」といいます。

ICFでは、「効果的な質問」を次のように定義しています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ・積極的に聞き、クライアントの視点を理解する質問ができる

 ・気づき、洞察、コミットメント、もしくは行動を呼び起こす質問ができる
   (本人が予測する領域を超えるような質問)

 ・物事が明確になり、可能性や新たな学びを生むような質問ができる

 ・自分を正当化したり、過去を振り返るための質問ではなく、
   相手が本当に望んでいる方向に進んでいける質問ができる

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

言葉にすると簡単ですが、
実際に、4つの目的を達成する状態を質問を通じて作れるかは、別の問題です。

質問のスキルは次のように段階化されており、
コーチの認定試験では、以下の切り口で審査しています。

 【初級レベル】
  クライアントにコーチが知りたいことを聞いている
  「正確な答え」を言わせている

 【中級レベル】
  基本的にクライアントの解決策に向けられる
  クライアントとコーチ両者にとって居心地のよさを超えることはない

 【上級レベル】
  新しい発想を喚起させ、未来を創造させる
  ときには両者にとって居心地が悪いこともある

上級レベルのマスター・コーチと呼ばれる人は、新しい発想をさせ、
居心地の悪さも体験させる、と言えます。

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

11月初旬にカルフォルニア州ロングビーチで行われた
ICFのコーチングのカンファレンスに参加しました。

その中で、1つの分科会を担当しました。
内容は、「コーチのコア・コンピテンシーを学習する」。

ニューヨークでエグゼクティブ・コーチをしているエレンと組み、
コーチングのデモンストレーションをしました。

エレンがコーチ役で、私はクライアント役。
テーマは「新しいプロジェクトの中で、いかにリーダーシップを発揮していくか」
というものにしました。(これは、現実に私が直面しているシチュエーションです)

エレンは、私の話を微動だにせず、あいづちも打つことなく聞いてました。

「あなたは、どういう結果が得たいのですか」

始めることしか考えていなかった私に最初のジャブ。
多少しどろもどろになりながら答えていると、次の質問。

「リーダーとして、あなたはどういうシフトを起こす必要があるのですか」

約60人ほどの聴衆を前にしてのこの質問はパンチでした。
脳がギューッと収縮する感覚がしました。
まさに「考える」ということを物理的に体感した気分です。

その瞬間、時間軸が一気に現在から3年後にワープしました。
そこにいる人や、自分とその人たちとの関わりが頭の中に絵としてあらわれ、
それをベースに話し始める自分がいました。

それは心地よい体験だったか。答えは、ノー。

今手にしている「安全」を手放さなければならないことに
直面する感じも味わったからです。

エレンの質問は何にフォーカスを当てるかを意識させ、
いまだにその感覚は残っています。

質問にも練習が必要です。
次の一週間、以下のことに取り組んでみてください。

 ・一日に一度、会話の中で質問することに意識を向ける

 ・一日に一度、自分が知りたいことを聞くのではなく、
  相手について学ぶことを目的として質問する

 ・一日に一度、これ以上持ち得ないと思うくらいの好奇心を持って質問する

そして会話がどのように展開するかに注目してみてください。

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

「コーチのコア・コンピテンシー」はこちらからご覧ください。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事