Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


内発的動機

ご存知の方も多いと思いますが、バイオリンの指導の仕方で、
鈴木慎一さんという方が始められた「鈴木メソッド」という教授法があります。

3歳、4歳の子どもがバイオリンを習いに来ると、
その子どもたちにすぐ教えずに、まず親にバイオリンを習わせます。

親たちが一生懸命になって楽しくバイオリンを習う姿を、
子どもたちに見せるためです。

子どもたちは、自分の親が喜々として習う様子を見て、
「自分もやってみたい」と思うようになります。

それでも、すぐには子どもたちにバイオリンを触らせない。

「本当に弾きたい!」という気持ちが内側から湧き出てくるまで、待つそうです。

そして、ついに、その時が訪れたときに、一気に教える。

そうすると、もう、スポンジに水がしみ込むかのように、
子どもたちはものすごく速いスピードでバイオリンの弾き方を吸収するといいます。
3歳、4歳でバッハやモーツァルトが弾けるようになるケースもあるそうです。

強制して無理矢理外側から力をかけるのではなく、
内側に力が生まれるように仕掛けるわけです。

音楽ではなく、スポーツで最近これと似たような指導場面に
自分自身が遭遇しました。

私は中学から大学までの10年間、ラグビーをやっていました。
社会人になってからはとんとご無沙汰していたのですが、先日来、
ラグビーのワールドカップを見ていて(「そんなのやっていたの?」なんて
言わないでくださいね)
久しぶりに「ラグビーをやってみたい!」と思うようになりました。

今年で40歳になりますが、
激しいコンタクトプレーをするラグビーができるのは、せいぜい後10年。
ここで再開しなければもう一生やらないだろうと思い、
インターネットで自宅近くにあるラグビーのクラブを探し当て、
思い切って入部しました。

このクラブには子ども、大人、それぞれ50人、
合計100人ほどが参加しています。

30歳前半から上は60近い年齢の方まで、大人のチームは本当に楽しそうに、
少年のような瞳を輝かせて楕円のボールを追っています。

その横で、主に大人チームのメンバーの子息、
幼稚園から小学校6年までの子どもたちが、
いくつかのチームに分かれ、これまたとても楽しそうにラグビーをやっている。

そこには、やらせる大人、やらされる子どもという図式が全くありません。

おそらく、子どもたちは、大人が喜色満面にボールを追う姿を見て、
それに触発されてボールを追っているのでしょう。
モデルを横に感じながら思い切って体を動かしている。

子どもたちへの指導は特に厳しいわけではないですが、
子どもたちはコーチが笛を吹けば、すぐに集まり、話に耳を傾け、
そして新しい技術の習得にとても熱心に取り組んでいます。

ああしろ、こうしろの強制はほとんどないのに、
子どもたちは、まさに自発的にうまくなろうとしている。

ここにも「鈴木メソッド」がある、そんな風に思いました。

企業の中では、ややもすると、新人に、
とにかく洪水のように情報を流し込み、習得を促します。

ひょっとすると、それによって、新人たちの
「自分から学びたい」という気持ちが少しそがれるのかもしれません。

「鈴木メソッド」を企業の中でどう実践できるか、
はっきりした解があるわけではありません。

ただ、自分の会社に入ってきた新人を、
どうすれば「内発的に」動機付けて、学習意欲を向上させることができるのか、
一度考えてみる価値はあるかもしれません。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事