Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチ型マネジャー

3分間コーチングは、従来コーチは何をするか、
何を話すかを扱っていたのに対して、
どの「場面」や「タイミング」で声をかけ、
会話を始めるのが効果的かに着目しています。

今のコミュニケーション能力で効果を上げるためには、
「場面」の設定が欠かせません。

部下にとって、上司とのコミュニケーションが必要になる「場面」や
「タイミング」というものがあることがわかっています。
上司が「場面」や「タイミング」をうまくとらえることができれば、
最小限のスキルで、効果を期待できます。

マネジャーが業務の過程でコーチングを始めるとき、
もっとも現実的な手法として3分間コーチングは考えられたのです。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

コーチ型マネジャー(manager as coach)とは、
コーチングスキルを身につけ、
それを活かしてマネジメントを行うマネジャーのことです。

コーチ型マネジャーは、チームのプロジェクトの全工程に関わっています。

目標設定に始まり、チームワーク、リスクマネジメント、
日々の仕事を通しての部下育成、不測事態への対応など、
業務のあらゆる場面で部下をコーチしています。

業務の遂行をコーチしながら、
同時に、業務の遂行を通して部下育成を試みています。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

3分間コーチングは、コーチ型マネジャーがマネジメントに使える、
具体的なコーチングの一つです。

時間的な制約、コミュニケーションスキルの制約、
場所の制約、これらの制約に縛られずに、
部下のニーズに合わせて、声をかけ、会話を始めます。

無理に話題を考えたりする必要もありません。
部下の業務の遂行をコーチし、
ブレーンストーミングの相手になり、
部下の成長をコーチします。

わざわざ談話室や会議室に行かなくても、
部下の机の隣に椅子を置いて話してもいい。
廊下で立ったまま話してもいいのです。

営業に向かう電車の中や、タクシーの中など、
場所や時間は問いません。
業務を止めてしまわない。
動きを止めないで、動いている状況をテーマに
動きながらコーチしているイメージです。

営業に向かうタクシーの中で
 
「今日の聞き出したい情報は?」
「提案のポイントは?」
「担当者のタイプは何?」
「時間はどのぐらい?」

客先に出向いてから営業が始まるのではなく、
すでに、行きのタクシーの中で、営業が始まっている。

こうして、ちょっとした未来をコーチします。

コーチ型マネジャーのコーチングで大切なのは、何を話すか以上に、
コーチングの「場面」と「タイミング」を捉える能力だと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事