Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


again!

先日、新潟の建設会社でコーチングの講演を行いました。
その会社の社長は、高校時代のラグビー部で一つ後輩でした。

講演の後の宴会の席。
後輩はスピーチの中で私を紹介してくれました。

「桜井さんはラグビー部のキャプテンでした。
 当時の桜井さんは、私たち後輩からは"鬼の桜井"と呼ばれていたんです。
 とにかく練習が厳しい。誉めない。怖い。

 今日は、その桜井さんから、
 コミュニケーションはキャッチボール、
 部下をうまくいかせるためのコーチング、という話を聞き、
 人は変わるんだなと、感慨深いものがあります」

確かに当時の私は、典型的な体育会のキャプテンでした。
後輩が辛いと言おうが、苦しいと言おうが、
そんなことはおかまいなし。

当時、一番きつかった練習は、「ランニングパス」。

パスをしながら100メートルを全力でダッシュするのですが、
これを何本も何本も繰り返す。

もうこれ以上走れない!
と、皆が思っていそうなときこそ、心を鬼にして

「again!」(もう一本!)

私は歴代のキャプテンと接する中で、
キャプテンとは、強く、厳しく、怖い存在でなければならないと
いつの間にか思うようになっていました。

今思えば、当時の私は、
自分自身に対して「again!」と言っていたのかもしれません。

その後、私は中学校の教員になりましたが、
やっていたことはラグビー部のキャプテン時代と
あまり変わりがなかったように思います。

授業中に生徒がふざけて私語をしていると、
「静かにしろ!」と思い切り怒鳴る。

生徒が「でも、先生」などと言い返そうものなら
「うるさいって言ってるだろう! 黙ってろ!」
と、丸めた社会科の資料集で有無を言わさず頭をたたく。

授業中、生徒は静かにするべきだ。
教師は厳格であるべきだ。

そのような正論が頭の中に渦巻いていたように思います。

教員になって3年ほど経ったころ、
私は、このコラムの執筆者の一人である伊藤が主催する、
コミュニケーションの研修に参加しました。

その研修会で、私は初めて、
「コミュニケーションはキャッチボール」
つまりコミュニケーションは双方向のものなのだという、
コーチングの原型を学んだのです。

授業中に生徒が騒いでいるような、
以前だったら頭ごなしに怒っているような場面でも、
その生徒のそばに行って、なぜ騒いでるのか、
どうしてふざけてばかりいるのか、その理由を聞くようになりました。

建前や正論よりも、今、目の前にいる人間が何を考え、
どのような気持ちでいるのかを知りたいと思うようになりました。

自分のことや、自分の授業について、
どう思っているのかを知りたくなったのです。

私は意識して生徒の話を聞くようになりました。

「何でも思っていることを話してごらん」

生徒一人ひとりの話を聞くにつれて、
私自身が生徒のことを考える時間が、以前よりも増えていきました。

この子は毎日どんな生活を送っているんだろう。
楽しいこともあるだろうし、辛い思いをしていることもあるだろう。
受験も大変だろうし、親とうまくいかないこともあるかもしれない。
こうやって落ち着きがないのも、何か理由があるんだろう。

そうすると、生徒に対する興味がわきますから、
また生徒の話を聞くようになる。

生徒から私に話しかけてくることも多くなってきました。

やがて少しずつですが、
怒らなくても授業は静かに進むようになり、
宿題や、忘れ物も減っていったのです。

「コミュニケーションはキャッチボール」

後輩のスピーチは、私にその原点を思い出させてくれました。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事