Coach's VIEW

Coach's VIEW は、コーチ・エィのエグゼクティブコーチによるビジネスコラムです。最新のコーチング情報やコーチングに関するリサーチ結果、海外文献や書籍等の紹介を通じて、組織開発やリーダー開発など、グローバルビジネスを加速するヒントを提供しています。


教えない

教えない | Hello, Coaching!
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

先日、経営者クラブの友人と食事をしているときに
部下の育成について話題になりました。

その友人は言います。

「部下を育てるということは、フィードバックするということだ。
 リーダーを育てるためには、大局からのフィードバック。
 マネジャーを育てるためには、具体的なフィードバック。
 いずれにしても、愛のあるフィードバックだよ」

その言葉を聞いて思い出したことがあります。

もう20年近く以前。
私が前職で、研修講師をしていた頃のことです。

私はまだまだ駆け出しの半人前。
研修を行うときには事前に研修の内容を紙に書き、
必ず上司のフィードバックを受けることになっていました。

ところがその上司のフィードバックは、

「これはだめ、書き直し」
「OK」

この2種類だけなのです。

OKのときはいいのですが、
NGのときは、どうしていいかわかりません。

私は上司に聞きました。

「だめな理由を具体的に教えてください」

ところが上司は、まったく教えてくれないのです。

仕方ないので、何とか自分で考えて書き直して持っていく。

またNG。

これが延々と繰り返されるわけです。

悶々とした私は、業を煮やして聞きました。

「せめて方向性とか全体の枠組みだけでも教えてください」

ところが、それに対する答えは、

「それを教えるくらいなら俺が代わりにやるよ。
 お前にやらせる意味が無いじゃないか」

あるとき、研修開始の30分前になってもOKが出ない。
私は直前まで必死に書き直しました。

最終確認を取ろうと思って上司を探すと、いくら探しても見つからない。
どうも外出してしまったらしいのです。

当時は携帯電話などありませんでしたから、つかまえることができません。
私は自分で全責任を取る覚悟を決めて、その研修に臨みました。

このような上司とのやりとりは、その後2年間ほど続きました。

当時は苦しいとしか思えませんでしたが、
今振り返れば、その時期に私は大きく成長したと思うのです。

今大切なことは何なのか。
自分がしたいことは何なのか。
どうすればうまくいくのか。

自分で考える。
自分で全責任を取る。

部下にフィードバックをする立場になった今、
私にはその上司に愛があったことがよくわかります。

その頃は、まだコーチという言葉は使われていませんでしたが、
その上司は私にとって最高のコーチだったことは間違いありません。


 * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

※ フィードバックとは

  コミュニケーションにおけるフィードバックとは、
  コミュニケーションを交わしている相手から伝わってくること、
  聞こえてくることなど、客観的事実をそのまま相手に伝えることです。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

組織へのコーチング導入や組織リサーチ、グローバル人材の開発についてなど、お気軽にご相談ください。

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事