Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


会話をする場

よく、テレビドラマの刑事ものでこんな設定を見ます。

場所は取調室。
小さな机をはさんで、刑事と犯人が向き合う。
卓上には古びたランプ。

刑事が犯人を尋問し、激しく追及する。
犯人は最初は反論するが、次第にうつむき答えなくなる。

そこにベテラン刑事がやってくる。

「まあまあ、カツ丼でも食えや。
 田舎のお母さんどうしてるんだろうね」

犯人は自分のことを話し始めて自供が始まる。

これは、非常にステレオタイプな光景ですが、
会話の場を作る、という意味においては、
とてもうまく集約されていると思います。

コーチの仕事は、相手に「話をさせること」であり、
聞き出すことではありません。

私はコーチのトレーニングの場に多く携わりますが、
時折、コーチ役が相手を質問攻めにして、
身動きの取れない状態に陥らせるのを目撃します。

そのコミュニケーションを分析すると、
次のような構造になっています。

質問 > 答える > 質問 > 答える > 質問 > 答える

これが何分間も続くわけですから、
相手は息も絶え絶えになるでしょう。

クライアント役としては、
相手の質問に答えることだけを繰り返しており、
自分から話す機会が与えられないわけですから、
これは、取り調べ室の尋問と同じです。

では、相手に話をさせるにはどうしたらいいか?

それには、カツ丼のような設定が必要なのです。

私は今まで何人もの尊敬するコーチと出会いましたが
その中の一人が、このコラムにもよく登場する
ハーレーン・アンダーソン博士です。

彼女が来日し、50名ほどの人を対象に
トレーニングを行ったときの情景を忘れることができません。

彼女は、トレーニング開始時間の15分前から部屋で待機し、
参加者が部屋にぽつりぽつりと入ってくると、
一人ひとりに声をかけ始めたのです。

「こんにちは。あなたは何の仕事をしていますか?」

「今日は何を知りたくていらしたんですか?」

「あなたはどんなことに興味があるの?」

一人ひとりとの会話は、ほんの数秒なのですが、
参加者が全員集まったときには、
彼女はすでに全員と関係を築いた状態を作っていました。

そこにはすでに、安心できる環境が整っており、
自由に話ができる雰囲気が作り上げられていました。

その中でトレーニングがスタートしました。

相手が自由に話ができるように場を作る。

それは、コミュニケーションが起こるための
プラットフォーム作りです。

コーチングスキルを駆使する前に、
どのように場をセッティングするか。

それが、コーチとして最初に求められるスキルなのです。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事