Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


セルフトークマネジメント

エグゼクティブのコーチングをしていて、
意外に多いテーマが、
いかに「社員の前で」緊張せずに話すかというものです。

一見ぱりっとした人でも、

「実はさ、結構社員の前で話すの緊張するんだよね。
 外で講演する機会もあって、そっちはいいんだけどね。
 なんでだろうね?」

私自身も、身に覚えがあります。

「それは、身内だからですよ。
 身内だから、基本的には良い反応を返して欲しいわけだけれども、
 聞く側は、身内であるから逆にあまり良い顔をして聞かない。
 だから、こちらは『あれ??』みたいな感じになるんじゃないですかね」

「そうかあ。
 でも、やっぱり身内の前でもぱりっと話したいよね。
 どうしたらいいのかな?」

そこで、身内の前で話すときに、
「自分の中にどんな言葉が生まれるのか」を聞いてみました。

話す前になると、

「また緊張したらいやだな」

「格好悪いな」

「話が受けなかったらみっともない」

そんな言葉が溢れてきてしまうとのことでした。

こうした自分の中に湧き起こる独り言を、
「セルフトーク」といいます。

どうも、目の前の人の反応そのものに影響を受けているというよりは、
この自分で作り出したセルフトークに「やられて」しまっているようです。

ということは、
セルフトークの内容が変われば、たとえ部下の反応が良くなくても、
彼は平然としていられるということになります。

そこで、聞きました。

「社員に話す前は、毎回緊張するんですか?」

「いや毎回ではないよね。たまにすっと入っていかれるときもある」

「そのときは、どんな言葉が浮かぶんですか?」

「『まっ、いいか』っていう感じかな」

「どうにでもなれっていうことですか?」

「そうそう。
 『まっ、緊張しても死ぬわけじゃないだろ』
 そんな感じかな」

「『緊張してもいいか』
 『汗かいてもいいか』
 『多少震えてもいいか』
 そんな感じなんですね」

「そうだね」

「だとしたら、逆手にとって、
 最初からそう自分に語りかけるのはどうでしょう?
 少し誇張をして。
 『緊張しろ!』『汗をかけ!』『手よ震えろ!』と」

「???」


実は、否定文には、
否定している対象を呼び起こす力があります。

否定文を作る際には、否定されているものを
実際に思い浮かべないと言葉にできません。

例えば、絶対にサルを思い浮かべるな、と言われると、
反射的にサルを思い浮かべてしまいます。

ですから、否定文を使えば使うほど、
否定している内容が頭に浮かび、よりその強度が強まります。

「緊張したらいやだな」「緊張してはいけない」と
自分に言えば言うほど、緊張が高まるわけです。

これを逆手にとって、
最初からそのような指示を内側で自分に与えます。

緊張している自分を誇張して描くことで、
自分を客観的にみることができ、
それが「おかしさ」を引き起こし、緊張のレベルを下げます。

前述のエグゼクティブは、
次に社員に話す機会にこの手法を試しました。

「汗よ噴き出せ! 手よガタガタと震えろ!」

リアルにイメージした自分がとてもおかしく、
すっかり緊張が下がり、普通に話すことができたそうです。

自分の内側の言葉をマネジメントし、
パフォーマンスを高める。

これを「セルフトークマネジメント」と言います。

否定語をあえて使う以外にも、さまざまな手法があります。

クライアントの方々に、
セルフトークマネジメントに長けていただくことは、
私たちコーチの大きな役割の一つだと思っています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事