Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


フィードバック

フィードバックには、ポジティブなフィードバックと
ネガティブなフィードバックがあります。

友人の医師の話では、
生体内のフィードバックはネガティブが基本だそうです。

血糖値が高くなるとインスリンの分泌量が増え、
低くなれば分泌は抑制される。
体温が上昇すると汗をかいて身体を冷やす。
下がれば鳥肌が立って身体を温めようとする。

このように、ネガティブなフィードバックによって、
恒常性、安定性を保とうとしている。

言い方を換えれば、私たちの身体の中では、
ネガティブなフィードバックによって危険が回避されている。
この作用がなければ、私たちは生きていけないことになります。

ネガティブなフィードバックは、
コミュニケーションにおいても同様に大事なことです。
ところが問題は、受け取りにくいこと。
私たちはそれを否定と捉えてしまう傾向があるからです。

ポジティブなフィードバックは、
結果を雪だるま式に増産することになるので、
生体内では一部のホルモンの分泌など、限られた作用をしているようですが、
コミュニケーションにおいては、
行動の加速や方向付けという重要な意味を持っています。


最近よく話題に上る、テニスの錦織圭選手。
彼がトレーニングを受けているのがニック・ボロテリー・テニスアカデミー。
創設者のニック・ボロテリー氏は、ベッカー、アガシ、グラフ、シャラポワなど
名だたる選手を育てた名コーチです。

彼の指導方法の特徴は、シャワーのような励ましとほめ言葉。
その選手の得意なショットを極限まで高めさせるというのが
彼のコーチングの基本と言われています。

ポジティブフィードバック的な関わり方と言えるのかもしれません。

ポジティブフィードバックは、その行動を加速させる。
行動量が増え、結果に多様性が発生しやすくなるので
コントロールが難しくなることがある。

一方、ネガティブフィードバックは、恒常性や安定性に向けて行う。
相手が否定的に受け取らないように伝えることが大切。

いずれにしろ、自分自身やチームがより成長していくために、
フィードバックはとても大切な要素です。


先日、一緒に仕事をしているマネジャーに、
私に対するフィードバックを求めました。

「桜井さんは正直すぎる。
 社員のモチベーションを高めるための演出というものがない」

「社長室にいることが多いので、気楽に話しかけられない」

「興味のあることと、ないことに対する行動の差が激しい」

むむ、全部ネガティブなフィードバック。

一瞬、

「もしボロテリーさんだったら、
 私にどんなフィードバックをするのだろうか?」

と思いましたが、恒常性の欠けている私には
すべてが大切なフィードバックなのだと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事