Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


何ができるようになった?

「コーチ・トレーニング・プログラム(CTP)を続けていることによって、
 何ができるようになりましたか?」

最近、CTPのいろいろな学習過程にいる人に
この質問をするのが私の楽しみになっています。

というのも、このことについて語り始めると止まらなくなる、
という現象を、いくつも体験しているからです。

なぜ、この質問をするようになったかというと、
私自身が、自分のコミュニケーションについて
一つの変化を感じるようになったからだと思います。

最近、日常会話、会議での発言、コーチをしているとき、
人前でプレゼンテーションをしているときなどの
自分の話し方が変わったという実感があります。

具体的に言うと、

「話をするときに、自分が伝えたいことを正確に捉えている言葉を
 選んで話すようになった」

という感覚です。

それは決して「流暢に話せるようになった」ということではなく、
逆に、しどろもどろになることがあります。

それでも、正確な言葉が見つかるまで、話をしながら言い換えたり、
言い直したりすることが増えるようになったことに気づきます。

そうすることで、自分が本当に伝えたいことと一致する言葉でのやりとりが
できるようになり、その結果として、自己コントロール感が増したと
感じるようになりました。

また、人の話を聞いているときにも、
「この人は言いたいことを言語化していないな」
ということも聞き取れるようになり、
そこから関心が生まれて会話をするようにもなりました。

「何ができるようになったか?」という質問は、人を嬉々とさせます。

また、その内容はまさに十人十色、千差万別で、
コミュニケーションのトレーニングを積むということが
どこに変化を及ぼすかが具体的です。

いくつかご紹介します。

・解決力が上がった

・問いかけられたことに対して、自分をコントロールして話せるようになった

・自分の意見が相手に届くようになった

・以前は相手を論破していたが、今は冷静にコントロールして伝えるようになった

・相手の言ってることがわかったフリをして話を進めないようになった

・自分の価値観と相手の価値観が違っていても気にしなくなった

・相手のことを考えるようになった

・上司から相談を受けることが多くなった

・継続的に相手とコミュニケーションが起こせるようになった

など、人数分だけ、多様であることがわかります。

これからも引き続き「何ができるようになった?」という問いかけを
続けていくつもりです。

答えることで、自分がやっていることが明確になるという点において、
これも会話を促す質問なのだと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事