Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチであることと、コーチングをすること

コーチングを学び始め、そのスキルを向上させていくプロセスには、
いくつかの段階があります。

◇ 第1段階
  コーチングスキルを、職場や仕事上の
  コミュニケーションの中で日常的に使ってみる。
    ↓
  今までに試したことのないことに取り組み、
  コミュニケーションに新しい可能性を見出し始める。

◇ 第2段階
  コーチングのクライアントと契約し、
  コーチングセッションを定期的に持つようになる。
    ↓
  コーチングセッションという単位を持ち、
  コーチングの契約期間中に何に取り組むか設計を考えるようになる。

◇ 第3段階
  毎回行うコーチングのセッションを
  どのように進めたらいいのかわからなくなる。
    ↓
  行き詰まる。

これは、コーチングを実践し始めた人がよく体験することです。

私自身、コーチングの最初の印象は、
「質問をするスキル」、「聞くスキル」、「承認するスキル」を使うことであり、
コーチがやることは、これらを使うことだと思っていました。

「いいですね」
「○○についてはどう思いますか?」
「なるほど」
などを会話にちりばめながら、
「これがコーチングだ」と思っていました。

しかし、クライアントを持ち、
実際にクライアントと1対1のセッションを行うようになると、
相手の話を聞いているつもりで、
「この後、どういうことを言えばいいだろう」
「何を質問すればいいだろう」
と考えてばかりいて、四苦八苦していました。

その場限りのやりとりをしているような気がしていて、
「これで大丈夫か?」と思う場面もありました。

国際コーチ連盟(ICF)には、
「コーチのコンピテンシー」というリストがあります。

これは、「人をうまくいかせることができる人」
「相手の目標達成を促進できる人」の
行動特性をリサーチし、それを分類化してまとめたものです。

このリストを見るたびに、その内容の深さに感動します。

関係をともに築く

相手と親密な信頼関係を築いている
コーチとしてのプレゼンスがある
効果的なコミュニケーションをしている

アクティブ・リスニングをしている
効果的な質問をしている
率直なコミュニケーションがある
学び、成果を得ることを促す

「気づき」を促している
行動をデザインしている
行動計画とゴールセッティングがある
進行状況を管理し、責任を明確にしている
 
これができる人が、すなわち、コーチなのです。


有能なコーチは
「相手と信頼関係を築いているか」
「相手と効果的にコミュニケーションしているか」
「相手に気づきを促しているか」
「行動計画やゴールセッティングをさせているか」
ということに常に意識を向けていることになるわけです。

コーチングを効果的に活用したいという人が増えている中、
陥りがちなのは「コーチングのスキルを使う人」になることです。

すると、コーチングの目的は「コーチングすること」になってしまいます。

もし、コーチングを学んでいて、
クライアントに成果を出させていないとか、
行き詰まりを感じているとしたら、ここで、
「自分はコーチか?」という問いかけをしてみてください。

その際「コーチのコンピテンシー」を読み直し、
自らを振り返ることをお勧めします。


あなたはコーチングをする人ですか?
それともコーチですか?


参考: 国際コーチ連盟のコーチのコンピテンシー

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事