Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


人生のナレーターになる

私は、コーチを育成するクラスを毎月5、6クラス受け持っています。

クラスの内容によっては、コーチとして活動して3、4年経つ方もいれば、
コーチングそのものが、まったく初めての人もいます。

「コーチングを勉強してどれくらいで
 コーチングができるようになりますか?」

と、よく聞かれます。

コーチ育成のプログラムは、電話会議で行っていますが、
どのクラスでも実践しているのが
「コーチング・デモンストレーション」という練習です。

この練習は、次のように進めています。

まず、コーチ役を一人、
コーチを受ける人(クライアント役)を一人ずつ指名。

私: 「では、これから練習します。時間は7分。
    コーチ役のAさんは、今日クラスで学んだことを意識して、
    Bさんをコーチしてください。時間が来たら終了です」

電話会議には、当事者のほかに15人前後の観客がいるわけですから、
期待が高まります。

姿が見えなくても、電話の向こうでコーチ役をする人の
ペンを握る手に力が入るのが伝わります。

会話は大体、このように始まります。


A: (コーチ役)「では、Bさんどうぞよろしくお願いします」

B: (クライアント役)「よろしくお願いします」

A: 「Bさん、いろいろ部下を持っていらして、大変だと思うんですよね。
   難しい部下の人が自分でやる気になるには、どうしたらいいと思いますか?」

B: 「えー、と。そうですね、まず、自分で考えてから
   聞きにくるようにするのがいいと思いますけど」

A: 「あ、それよくわかります。すぐ人に聞いちゃう人っていますよね。
   それでは、明日から何をしますか?」

B: 「そうですね・・・、
   まずは、明日時間をとって話そうと思います・・・」

A: 「話す時間を作るのは、忙しくて難しいと思うんですが、
   どうしますか?」

B: 「・・・」


Bさんの声はどんどん低くなり、元気がなくなります。
それに相反してAさんはこの場をどうにかしようと
テンションがどんどん上がります。
会話はかみ合わなくなり、聞いている人たちも関心を失っていきます。

これは、コーチのスキルが足りないのではなく、
「初動捜査」を誤った典型です。

この場合、コーチがしたことは、

・コーチ側から会話のテーマを提供した
・それについてどう思うかBさんに答えさせた
・一般論を扱っている
・会話の行き先のたずなをコーチが握ったままになっている

この形態にはまっていることに気づかずに続けてしまうと、
ここから抜け出すことが難しくなります。

Bさんは答えながら自分がどこに連れて行かれるのか、
漠然とした不安の中で話し続けますし、
コーチはこれから先のことを考えて、
相手の言うことなど聞く余裕がなくなります。

この場合、次のようにセリフを変えることを提案します。


私: 「Aさん、では、次はこのように会話を始めてください。
    『Bさん、この7分間、私はあなたをコーチする時間があります。
    何に使いますか?』」


このセリフをBさんに投げた瞬間、
Bさんが息を吸い込むのが伝わってきました。

そしてしばらく間をおいて、話し始めました。


B: 「どうしても意思の疎通がうまくいかない人が社内にいるんですが、
   その人とうまくやっていく方法について模索してるので、
   それについて話したいと思います」

A: 「もう少し詳しく聞かせていただけますか」


その後、Bさんはありありとリアルに場面や自分の状況を話し始めました。

声は生き生きとし、勢いもあります。
そのときは、コーチのみならず、電話会議で聞いている人がみな、
聞き耳をたて前のめりで聞いているのが伝わってきます。

その後のコーチからの問いかけは変容しました。
「自分が知りたいことを質問する」から
「関心から生じる」コーチ型の質問へと変わったのです。

これが「コーチング・モーメント(コーチングの瞬間)」であり、
ここには「聞くスキル」や「質問のスキル」を駆使したり、
相手に対して意識的に関心を持とうとする感覚はありません。

リアルな体験を扱うと、これらは自然に行われます。

そして、コーチは見えにくいところ、伝わらないところ、
ピントが合わないところを相手に伝える。
クライアントはそれに応じていく中で、
5分もすれば、自然と結論に行き着きます。

ここでカギとなるのは、
『この7分間を何に使いますか?』」とBさんにたずなを渡したこと、
すなわち、オーナーシップを持たせたことにあります。
そしてリアリティ。


今まで出会ったコーチの中で、このコーチング・モーメントを作る達人は
このコラムでも出てくるハーレーン・アンダーソン氏です。

彼女はいつもこのように会話を始めます。

" How would you like to spend this time today ? "
 (今日は、この時間を何に使いますか?)

" Tell me about yourself. "
 (あなたのことについて教えてください)

この投げかけによって、
相手は自分の人生のナレーターになります。

自分で話し、自分で客観的に聞くことで、
さまざまなことに気づく機会が与えられます。

このような体験は日常生活の中でほとんどありません。

これは、長くコーチングを学んでいても起こせないこともありますし、
生まれて初めて行うコーチングのセッションで起こることもあります。

その人のナレーションを聞けているかどうか。

それは、クライアントに会話のオーナーシップを持たせているかを
チェックするキーポイントとなります。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事