Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


リーダーシップの開発

景気が悪くなると、当然企業は経費の削減を始めます。
それは日本もアメリカも変わりありません。

ただ、一つ違いがあって、日本では人材育成も経費として考えますから、
経費削減の対象となります。
しかし、アメリカの多くの企業は、人材育成を投資と考えていますから、
景気の良し悪しに関わらず、投資は続けられます。

ところで、ある調査によれば、
『53%の組織が、人材不足に直面している。
その問題のほとんどが中間管理職やディレクター層に集中している』
との報告があります。

ここで一つ言及しておかなければならないことがあります。

それは、人手不足と人材不足は、
まるで違うものであるということです。

高度経済成長の頃には人手不足が問題になりましたが、
企業が今求めているのは、人材、
特に「リーダーシップの発揮できる人材」です。

アメリカの企業がトレーニングに関して最も投資している分野は、
マネジメントやリーダーシップ、エグゼクティブに対する
育成トレーニングにあり、予算の35%以上が使われています。

企業が、リーダーシップ育成プログラムの開発を急ぐ理由としては、

● 社内のリーダー候補者数を増加させるため (44%)
● スキルのギャップを減らすため (42%)
● もっと早くリーダーを育てるため (35%)

などがあります。

また、具体的にリーダーシップの開発を成功させるポイントとしては、
次のようなものが挙げられます。

1.エグゼクティブ層の強い関わりを維持する
2.テーラーメイドのリーダーシップ・コンピテンシーを定義する
3.事業戦略に結びつける
4.すべてのレベルのリーダーをターゲットにする
5.包括的なプログラムデザインを適用する
6.リーダー育成プログラムを、企業の人材開発戦略と統合させる

この6つのポイントは、
実際にリーダシップを開発する上でのポイントになります。


実は今、ニューヨークで原稿を書いています。

金融不安を直接感じることはありませんが、
新聞やテレビはもっぱらそれを報道しています。

今日のように、複雑、不確実な状況で、未来を予測し、
行動を起こしていくリーダーが強く求められているのは、
日本もアメリカも同じだと思います。

それも、カリスマ的なリーダーの出現を待つという受け身な在り方ではなく、
人の中にある「リーダーシップ」を発揮させること、
つまり、リーダーを育てることへコミットすることが、
これからの企業の存亡に影響するように思います。


【参考資料】
BERSIN & ASSOCIATES INDUSTRY REPORT
High-Impact Leadership Development
Market Overview and Executive Summary
Kim Lamoureux, September 2007

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事