Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチングの六角形

私は最近、マネジャーの仕事の一環として、
社内のスタッフに対して業績向上のためのコーチをしています。

対象スタッフは、合計で5人。

入社して間もない若手、年齢が私とそれほど変わらないベテラン、
中堅どころのキーパーソン、勢いで突進するムードメーカーなど、
職種も経験もスキルもタイプもそれぞれ異なります。

全員が社内業務におけるゴールを持っていますから、
コーチの私の役割は、そのゴールを達成させることにあります。

ただ、対象スタッフの仕事のラインは、私と直接関係ないため、
いわゆる「職務上の上司・部下」の関係にないところが
ユニークなところです。

コーチングをスタートするステップは、
30分のセッションの時間をとって、話を聞くことから始まります。

毎日社内で会っていても、相手のことを知っているようで
知らないことが多いものです。

ですから、ゴールを達成させるために
何もないキャンバスに一緒に絵を描くような作業から始まります。


「最近はどんな調子?」

「今、どういうことが課題となっているの?」

「お客様のところに行くときは、誰と行くの? 一人?」

「スキルアップが必要な領域は?」

「今この瞬間、どんなことを思っているの?」


いろいろな質問を投げかけ、相手の話に耳を傾けながら、
その人について次のことを同時に把握しています。


1.コミュニケーション能力は?
  人との関わり方は柔軟なほうか、硬直的なほうか。

2.人間関係は?
  協力体制を築くほうか、一人で取り組むほうか。

3.気分転換は?
  仕事以外のときは遊ぶほうか、静かに過ごすほうか。

4.マネジメント能力は?
  時間や目標は管理するほうか、成り行きまかせか。

5.健康管理は?
  身体の調子はどうか、気になっているところはあるか。

6.仕事のスキルは?
  困っていることはあるか、やりたくてまだできないことはないか。


大事なのは、質問攻めにして相手に答えさせるのではなく、
気軽な会話を交わしながら、
これらのことについてアンテナを立てることです。

特に、相手について知る最初の段階では、このプロセスはとても楽しく、
両者にとって、有効なインプット、アウトプットの機会となります。

これを私は「コーチングの六角形」と呼んでいます。

以上の6つの領域を書いた六角形の紙を目の前に置きながら話をすると、
相手のことについて、いろいろな角度から自由に知ることができ、
その後のコーチングのフォローアップの貴重な手がかりとなります。

先日、このコーチングの時間を予定をはるかに超えて行ってしまい、
他のスタッフとのミーティングの約束を忘れてしまいました。

コーチングを行っていた会議室はガラス張りで、
中で誰と誰が話しているかがよく見えます。

そのスタッフにいたずらっぽく聞かれてしまいました。

「平野さん、私との約束を反故にして、
 一体どんなことを話していたんですか?」

面談やインタビューというと、お互いに気が重くなったり
緊張したりするものですが、
この六角形をもつと、目的を失わずに、
同時に自由に話を展開させることができます。

今後も「コーチングの六角形」をもちながら、
5人のフォローアップをしていこうと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事