Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


ひらめきを呼び起こす環境

私は、毎週月曜日の朝6時半から電話でコーチングを受けています。

ゴールは会社の経営をうまく行かせること。
売上や、組織編制、人材育成、新商品の開発、次の会議で何を話すかなど、
経営やマネジメントの題材を中心として扱います。

ときに、個人のビジョンを扱ったり、
このコラムの原稿を書くためのコーチングなどを受けることなどもあり、
その内容は多岐にわたっています。

電話でのコーチングのおもしろいところは、
コーチからの問いかけに、考え、答えるという会話を繰り返しているときに、
自分が口に出している言葉以外に、同時に頭の中で別のことを考えていたり、
自分が話している内容に刺激されて、話している最中に
言葉とは別のイメージが頭に浮かんだりすることにあります。

表面的には、コーチの問いかけに答えている会話なのですが、
自分の内側では、それとはまったく別のアイディアやイメージが
想起することがあるのです。

これが私にはとてもおもしろい。

ときどきコーチと実際に会って、
対面型のコーチングを受けることがあります。

相手の顔や表情を見ながらのコーチング。
これはこれで、話がはずんで楽しく、気づきも成果もあるのですが、
電話のときのような、実際上の会話以外の発想やひらめきや
イメージの拡大が起こりにくいように感じます。


人間は、情報収集の約80%を視覚に依存していると言われています。

脳は、話の内容だけではなく大量の視覚情報をも同時に分析して、
瞬時に次に自分がとるべきコミュニケーションをはじき出しているわけです。

対面型のコーチングは、この視覚情報の処理に
脳の大半が使われてしまうために
会話以外の想起作用が半減されてしまうのだと思います。

電話会議によるグループトレーニングと対面型の集合トレーニングでは、
その差はもっと顕著となります。

私は講演や研修など人前で話をする機会が多いのですが、
終わるとぐったり疲れる。

複数の人間の表情や態度は、1対1の情報量の何倍にもなりますから、
その人たちの顔を見ているだけで、
脳はその情報処理のためにフル回転してしまうのです。


電話によるコーチングには、さまざまなメリットがあります。

どこにいてもできること。
それに由来する時間的、経済的なメリットなどなど。

それにも増して最大のメリットは、それが1対1であれグループであれ、
相手の顔色を伺わなくてよいところにあるのだと思います。

それは思った以上に会話を自由にし、
そして会話に対する集中を生み出します。

それは言葉として実際に交わされている会話以外の想起、
まさにオートクライン(※欄外参照)を
起こしやすい環境だといえるでしょう。

※オートクライン(autocrine):
自分が話した言葉(内容)を自分で聞くことによって、
自分が考えていたことに気づくこと。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事