Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


誰と2009年を創り上げますか?

2009年が幕開けしました。

読者のみなさまは、この一年をどんな年にするかについて熟考し、
ヴィジョンを描く年明けを過ごされたことと思います。

今、私の手元にはアメリカで購入したニューズウィーク誌のオバマ氏特集号
 「オバマのアメリカンドリーム」(2008年)があります。

その中に書かれているトピックで、
とても印象的だったものを一つご紹介します。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「イリノイ州の一人の若手上院議員が、
 果たして大統領選など切り盛りできるのだろうか?」

多くのジャーナリストや活動家が皮肉をこめて投げかけたこの疑問に、
オバマ氏は次の言葉を繰り返しました。

「私のリーダーシップスタイルを知りたいのなら、
 どのように大統領選挙戦を運営するか見ていてください」
 (Newsweek Obama's American Dream, 2008 p.62)

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ご存知のとおり、オバマ氏は大統領選を見事勝利し、
アメリカの新リーダーとしての役割を務めることとなりました。

そのリーダーシップスタイルの特徴は、
ヒラリー・クリントン氏の大統領観と比較して次のように紹介されています。

【クリントン氏の大統領観】
「大統領のリーダシップとは、リーダーのヴィジョンを示すことであり、
 同時に上から方向性を示し、
 確実に実行させるようコントロールすることである」

【オバマ氏の大統領観】
「リーダーシップとは、リーダーのヴィジョン、
 判断とインスピレーションに完全に集中することである。
 マネジメントは他者に委譲し、実行することに責任を持たせる」

この違いは顕著です。

実際、オバマ氏は大統領選挙戦にて、
支持者と「共に創り上げること」に集中し、
そのプロセスに関わらせることで関係者を主体者にしました。

彼の有名なセリフ「Yes, we can.」は、そのスピリットを象徴しています。

カリスマ的なリーダー像を見せて後を追わせるのではなく、
共に歩むことによって、一人ひとりの能力を引き出し、
主体者にし、成功を共に祝う。

これを「キャタリティック・リーダーシップ(触媒型リーダーシップ)」と呼び、
ステークホルダー(関係者)との間で化学反応を起こし、
一人では成しえないことを実現させる
新時代には必須のリーダーシップスタイルであると
アメリカのメディアは取り上げています。

彼のリーダーシップスタイルは、
コーチ型マネジメントを代表しているといえるでしょう。

現代の、組織におけるリーダーも、
「私」から「私たち」に視点をシフトさせ、
共に発展していくことが求められます。

そのためには、コーチ型の関係性を築く高い能力が重要となってきます。


2009年の目標は、もう決められたでしょうか?

「私(I)」の目標ではなく、「私たち(We)」に焦点をあて、
共に目標を実現していく人たちを特定する。

コーチ型目標達成にむけたスタートであり、
周りの人たちと共に発展していく年の幕開けとなるでしょう。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事