Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


最高の紹介

私が前職のコンサルタントだった頃の話です。
当時の上司、Hさんは、バリバリのトップコンサルタント。
社内では常にトップセールスの実績を上げており、
月の大半は出張で全国を飛び回っている人でした。

部下の鍛え方も半端ではありませんでした。

新人コンサルタントだった私は、
彼のほとんどのプロジェクトにアサインされ、
まるで秘書のような状態でした。

彼のコンサルティングに必要な、基礎的なデータ作成(調査、
分析、ヒアリング、資料作成、ツール開発)はもちろん、
彼の出張先から出張先への移動プラン立て、チケットの手配、
スケジュール調整などといった
ありとあらゆる業務を受け持ちました。

彼との打ち合わせは土曜の夜か日曜の夜に行うしかないほど
殺人的な忙しさであり、また、急に呼び出されたり、
逆に急にキャンセルになったりと、
いわゆる理不尽な業務が何年間も続きました。

確かに、つらかった。
なんで、こんな理不尽な人と一緒に仕事をしているのだろう・・・と。

でも、こうした状況が続く中で、
結局は彼を尊敬し、彼についていった理由があります。

そのひとつに、「アクノレッジメント(承認)」があったのだと思います。

「わるいな、助かるよ」

「お前がいないと、ここまでできなかった」

「今日は、おごるからさ。つきあえよ」

「中島、ちょっとは成長したじゃねーか」

殺人的な忙しさの中で、たまにもらえるアクノレッジメント。
このガソリン補充がなかったら、エンストしていたかもしれません。


そして、今でも忘れません。
私にとっては、記憶に残る紹介です。

ある大手企業への大型プロジェクトのキックオフミーティングのときでした。
重厚な椅子にゆったりと座っている十数名の役員の目が
Hさんに向かっていました。
彼の後ろには、コンサルタント5年目の私。

このプロジェクトリーダーを担当するのが私であることをHさんが紹介し、
キックオフミーティングがいよいよ始まる、という緊張のときです。

彼は、役員を前に、低い声で、ゆっくりと、語り始めました。

「人の心をつかみ、動かす能力は、手に入れたくても
 なかなか入るものではありません。

 今回のプロジェクトでは、御社の社員の方々の心を、
 いかにつかみ、どう動かすかが肝となっています。

 しかし、残念ながら私には、その能力がありません・・・」

私は、びっくりしました。
会場の役員も一瞬、ぎょっとした雰囲気に包まれました。

それはそうでしょう。
この大事なキックオフのプレゼンで、
「私には能力がありません」と言い放ったのですから。

しかしHさんは、二秒くらいの間をあけて、こう続けました。

「しかし、ここにいる彼には、その能力が備わっています。

 私から言わせると、彼は、人の気持ちを動かすプロです。
 今回は、彼がこのプロジェクトのリーダーです。

 実は、私もこのプロジェクトを通じて、
 勉強させてもらおうと思っています。(笑い)

 紹介します。
 リーダーの中島君です。

 どうかよろしくお願いいたします」

私の頭の中は完全に真っ白になりました。
そのあと、とにかく精一杯話したことだけは覚えています。

そして猛烈に勉強しました。死ぬほど働きました。
Hさんに恥をかかせたくないという一心で。

結局、人の心をつかみ、人の気持ちを動かすプロの
上司、Hさんにつき動かされて。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事